2016年06月23日

これって、どう見ても『天空の城ラピュタ』の写真だよね


 まるで雲の上に浮かんだお城のような写真がナスジオに掲載されています。『天空の城ラピュタ』に出てくるお城にそっくり!

 兵庫県の竹田城跡がラピュタのお城に似ていると話題になりましたが、こちらの写真は凄い絶景。とても美しく、神秘的です。

National Geographic, Photograph by Boukhechina Malik
Source: National Geographic, Photograph by Boukhechina Mali

 写真を撮影したのは、Boukhechina Malik 氏。このお城のような建物は、スイスのレマン湖のほとりの高台にあるホテル(Caux Palace Hotel)です。

 どこで撮影したのかと探してみたのですが、なかなか見つからない。もしやFakeでは? と疑ってしまいました。やっと探し当てたら、なんと有名なシヨン城の直ぐ近くでした。

 Boukhechina Malik 氏がこの角度から雲海に浮かぶホテルの写真を撮影するまでは、観光地としてそれほど注目されていなかったようで、この場所を探すのに苦労しました。撮影場所は、写っているホテルの上にある白いホテル(たぶん)から撮したようなアングルになっています。



 この建物はホテルとして使用されているようですが、国際会議やホテル・マネージメント・スクールにも使われているようです。ホテルマンを育成する教育機関が置かれているようです。

Caux Palace Hotel

  Source: DreamHost,CAUX PALACE

 このホテルのホームページを見るとホテルの主要な場所を360度ぐるりと閲覧できます。いろいろな場所を探検したので、まるでホテルに宿泊したことがあるような気分になりました。

Caux_Palace_Hotel2.jpg


 しかし、このシーンをよく撮影できたものだと感心します。雲海は動きがとても速いので、シャッターチャンスは長くても2、3分だったのではないでしょうか。


posted by ネコ師 at 00:13 | Comment(0) | すてきな写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月09日

寺尾正・文姉妹は美しすぎるスプリンター


 先日録画したビデオを見ていたら、「英雄たちの選択 『目指せ!“なでしこ”たちの祭典〜人見絹枝の決断〜』」が録画されていました。

 あまり関心がなかったので見ずに消そうかと思ったのですが、せっかくなので飛ばし見することに。
 司会の磯田道史さんの話の部分と記録映像の部分だけを見ます。すると半分くらいの時間で視聴できます。

 磯田さんのバランスの良いわかりやすい解説が好きなので、彼の話の部分は聞くことにしています。
 磯田さんって何歳なのだろうと調べてみたら1970年12月24日生まれで今年46歳になるようです。

 誕生日を見て「ん?」と思いました。このサイトでたびたび採り上げるオーストリア皇妃エリザベートと同じ日ですね。彼女は1837年12月24日に生まれています。

 前置きが長くなりましたが、番組は人見絹枝にスポットをあてたもので、良くまとめられ、見応えがありました。

 番組の中で、寺尾正(きみ)と寺尾文(ふみ)という双子の姉妹についてのシーンがありました。
 姉の正は50m、妹の文は100mの元日本記録保持者です。こう聞くとそんな人周囲にいるよと思ってしまいますが、彼女たちの実力は世界レベルで、妹の文は100mの世界新記録を出したほどのスプリンターでした。

sprinter02.png


 彼女たちが生まれたのは、明治44年(1911年)11月7日のこと。1924年、13歳になった姉妹は陸上の競技会に出場するようになり、1927年までの3年間、好成績を残します。美人の双子の姉妹であったことから、世間の注目を浴びたようです。

sprinter01.png


 ところが、1928年、彼女たちの選手生命は、講談社により絶たれ、夢が潰されてしまいます。

 当時、講談社が発行していた「婦人倶楽部」という雑誌に、彼女たちをモデルにした久米正雄の愛欲小説『双鏡』が発表されます。これに驚いた彼女たちの両親は、娘に競技の継続を断念させ、姉妹はわずか16歳で引退することになります。

runner-02.gif


 当時の講談社の社主は、創業者の野間清治。Wikipediaを見ると、「ビジネスにおける倫理の大切さを主張。ビジネスに奔走した自らの経験を踏まえ、「成功への近道とは道徳的な道に他ならない」とし、「修養」(精神をみがき人格を高めること)を積むことの大切さを説いた。」とあります。これって何かのジョークでしょうか。

 小説家の久米正雄は夏目漱石の門弟だったようですが、漱石の長女筆子に振られ、その後、通俗小説をたくさん発表したようです。そのひとつが『双鏡』。モデルにされ、好奇の目にさらされる16歳の子供のことを深く考えもせずに書く自己中の小説家のようです。

 わずか16歳で引退を余儀なくされた姉妹のその後ですが、正は20歳で前田家に嫁ぎ、文は18歳で有賀家に嫁いでいます。
 
寺尾正・文姉妹


 壇蜜さんをさらに上品にしたような美人の姉妹ですね。

 こんな美人の双子の娘を持った親の気持ちって複雑なのでしょうね。うちには娘がいないので分かりませんが、もしいたとしたら、いつも娘の心配ばかりしていて早死にしそうです(笑)。

Terao_Fumi_Y_Kimi_1928.jpg
Source: Wikipedia画像を解像度化


 もし、寺尾姉妹が引退していなければ、人見絹枝が24歳の若さで亡くなることもなかったのかも知れません。そして、寺尾姉妹には、海外で活躍する双子の美人スプリンターとして全く別の人生が待っていたようにも思えます。

寺尾正・文 姉妹


 この姉妹のことは今回初めて知ったのですが、NHKではこれまでに何度も採り上げているようです。
 
 最後に、妹の文さんが亡くなったのは1997年12月24日です。
 お気づきですか。冒頭の書き出し部分につながりますね。

寺尾姉妹



posted by ネコ師 at 02:09 | Comment(0) | すてきな写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月23日

ストリートの名前が中1レベルの英語の街を発見!


 先ずは、Google Mapの画像をご覧下さい。

funnystreetname1.png
    Source: Google Map

 これを見て、どう思いますか?
 最初に考えるのは、フェイクじゃないの? ということでしょう。

 でも、これはフェイクではありません。本当にこのような名前のストリートが存在します。
 管理人も最初はフェイクだろうと思ったのですが、探してみたら簡単に見つかりました。

 ぜひ、ご自分の目で確認してみて下さい。
 本記事のタイトルは中1になっていますが、今は小学生レベルの英語でしょうね。

Google Mapに表示する方法


 Google社のお節介機能のため、Google Mapは日本語で表示されてしまいます。今回は地図が日本語で表示されても困ります。

 そこで、英語版から検索していきます。

 『Google 英語検索

 上のリンクをクリックすると、英語版Googleの検索画面になります。検索窓に、『Google Map』と入力して、Google Mapを表示します。ところが、環境によって日本語版のGoogle Mapになってしまうと思うので、直リンクを貼ります。

 『https://www.google.com/maps/place/44%C2%B044'17.0%22N+63%C2%B018'16.7%22W/@44.7386377,-63.3041246,18.33z/data=!4m5!3m4!1s0x0:0x0!8m2!3d44.738045!4d-63.304627?hl=en

 上の画像のマップが開くと思います。

このストリートはどこにあるのか


 このおバカな名前のストリートはカナダにあります。
 ノバスコシアのポーターズレイクという町です(Nova Scotia, Porters Lake in Canada)。

 へぇ〜。で、なに?

 以前書いた『呪われた島 オーク・アイランドと財宝の謎』という記事。この記事の書き出しは、以下のようになっています。

  『「オーク・アイランドの財宝伝説」をご存じでしょうか。
  カナダの東海岸、ノバスコシア州チェスターにあるオーク・アイランド(Oak Island)に隠されているとされる海賊の財宝伝説です。』

 今回の面白い名前のストリートがある場所は、このオーク・アイランドから車で1時間20分くらいに位置しています。広大なカナダの中では、ほんの目と鼻の先、という感じでしょう。
 
Location0001.png


 宝探しにお出かけの際には、ぜひ、このストリートにもお立ち寄り下さい。
 それにしても、なんなんでしょう。この通りの名前。


posted by ネコ師 at 17:13 | Comment(0) | すてきな写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月18日

カルトゥーシュの蚊取り線香


 ナスカの地上絵のデザインの蚊取り線香を作った人がいたので、カルトゥーシュの蚊取り線香を作ってみました。

蚊取りカルトゥーシュ.png


 いまいち蚊取り線香に見えない。
 どこから火を付ければ良いのでしょうか。


posted by ネコ師 at 19:28 | Comment(0) | すてきな写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月03日

Kalafinaのコラージュ・ユニット「Kollafina」


 Kalafinaのコスプレ・コラージュ・ユニット『Kollafina』。

Kollafina_small400px.png


 ゴージャスな衣装にきれいなロゴ。まさに、雑誌から切り取ってきたような画像です。

 メンバーをご紹介します。向かって左が『IKARU』。真ん中が『AKANA』、そして右が『EIKO』です。最近はやりの目の大きな女性3人のコスプレ・ユニットです。

 皆さん、『Kollafina』を応援しましょう(笑)。
 それにしても不気味なユニットになりました。

 ひとりづつアップで見るとそれなりのコラージュなのですが、離れてみるととても不気味です。

IKARU.png


AKANA.png


EIKO.png


 オリジナルはとても大きいのですが、幅1920pxバージョンをアップします。
 きれいに、そして不気味に仕上がっていると思います。

Kollafina0_1920px.jpg


 『Kollafina』のロゴもきれいに作ってみました。
 あまりにも不気味なので、目を少し小さくして再アップしました(汗)。


posted by ネコ師 at 03:27 | Comment(0) | すてきな写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▲ このページのTOPに戻る