2016年06月25日

生存マニュアル:もし、車が他の車と正面衝突をしたら


 無さそうでいて意外に起きるのが交通事故。
 そんなの自分には関係ない、と思っていると、明日は我が身で起きます。

 今日は、管理人が遭遇した二度の交通事故の経験から、生存マニュアルとして、役立つ情報を提供します。

一度目は車同士の正面衝突

 南米の某国に出張中に、車同士の正面衝突に遭遇しました。

 まずは、この時の状況から説明します。

 管理人が乗ったランドクルーザーは、その国の首都に向けて走行していました。首都到着までは2時間くらいの場所です。昼食を終えて走り始めてすぐに、このアクシデントに遭遇することになります。

 ちょうど雨がパラパラと降り始めてきました。管理人は車の後部座席右側に乗っていました。
 まもなく、車が横に滑った感じがして、隣の人と話していたのをやめて、前方を見ました。遠くに赤い乗用車が見えます。

 運転手は、トラックの運転手をやっていた人で、運転は上手です。ところが、車は、制御不能に陥っていました。今から考えると、ハイドロプレーニング現象による制御不能だったようです。

 制御不能に陥った我々の車は、対向車線を走行しています。ハンドル操作が全く利かない。
 結構広い道路で、道路の両脇は広いスペースがあったことから、車が少し流されても周囲の建物に衝突するという危険は少なく、その時点ではそれほど緊張はしていませんでした。

 しばらくすると(たぶん、2、3秒かも)、ハンドル操作ができるようになり、対向車線にはみ出ていた車を自分の車線に戻すことができました。やれやれです。・・・、と前を見ると、赤い乗用車が対向車線をはみ出し、こちら側に迫ってきました。

 あっ!と思った瞬間、正面衝突。

 管理人は、とっさに体を縮めたようです。衝突の衝撃で、かけていた眼鏡が前方に飛び、体が前の座席にぶつかりました。かなり痛い! 前の座席に全身をぶつけたようです。

 幸いなことに、前の座席があったために、車外に投げ出されずにすみました。しかし、頭、脚、腕を強打しているようで、とても痛い!

 衝突した赤い対向車は横転して横向きになっています。ラジエターからは蒸気が勢いよく噴き出しています。爆発するのではないかと恐怖を感じたので、とにかく、車の外に出ました。

 我々の車には、私と同僚と運転手の三人が乗っていましたが、全員、大きな怪我はしていないようです。相手の車には、二人が乗っていましたが、横倒しになった車から這い出してきました。

 後で聞いたのですが、相手の車の乗員は大腿骨骨折の大けがだったそうです。

 しばらくすると、先行していた同僚の車が戻ってきました。実は、二台の車で移動していたのですが、後続車が来ないので心配して戻ってきたのです。

 その車に全員が乗って、首都に向かいます。首都までは2時間。衝突による打撲が痛みます。
 実は、どこをどのようにぶつけたのか記憶がないので、とにかく、病院に行って検査することにしました。しかし、遠い!

 頭を前の座席に激しくぶつけたらしく、頭が痛い。脚も痛い。腕も痛い。骨折はしていないようですが、とにかく痛い! 頭がもうろうとしているので、内臓に損傷がなければいいなぁ、とだけ考えていました。

 首都に着いてすぐに病院に行き、検査してもらいました。結果は、打撲だけだったようです。
 ホテルで二日ほど安静にしていたら元気になりました。

 この事故は、こちらの車が対向車線にはみ出したのに驚いた対向車がブレーキを踏んだとき、こちらの車と同じようにハイドロプレーニング現象が発生し、制御不能に陥ったことから発生したものでした。

 車の速度はたぶん 80km/hr 程度で、それほど出ていなかったのですが、雨の降り始めに、道路表面の土が溶け出し、このようなことが起きるようです。(この国では、80Km/hrはゆっくり運転です(笑)。)

その後のこと

 日本に帰国してから、病院に行って検査してもらいました。その結果、特に問題はなく、ほっとしました。

 日本の病院で印象に残っているのは、「外国で交通事故に遭った」とお医者さんに話したとき、とてもいやな顔をされたこと。これは、保険の関係でとてもめんどくさいことになるらしいのです。通常の保険証が使えない。交通事故では、通常の保険証が使えないということを初めて知りました。

二度目は車の転覆事故

 二度目の交通事故もやはり海外です。今度は、転覆事故。ほとんどあり得ないような事故でした。

 某国の田舎を走行中に、突然、車が蛇行し始め、反動で転覆。車がひっくり返り、天井を路面にこすりながら道路上を滑っていき、沼地に着水。そのときは、タイヤから着水したために、死者は出ませんでした。逆さまになったまま着水していたら、全員死んでいたかもしれません。

 この時の車は、トヨタのピックアップ車。運転手を含め四人が乗車していました。
 この事故がなぜ起きたのかは分かりません。運転手が未熟だったのは間違いない。

 管理人は、助手席に座っていたのですが、車が蛇行し始め、転覆するとき、アスファルトの路面が目の前に迫ってきたのを今でもよく覚えています。

 事故の後、車から這いだし、全員大きな怪我もなくよかった、と思ったとたん、首が動かない。というか、頭の重みを首で支えられない。このため、手で頭を支え、周囲を見回しました。むち打ち症です。

 ふと、腕を見ると、肘の内側が内出血を起こし、まるで豆腐を皮膚の中に入れたような状態になっています。フロントガラスが割れ、あちこち切り傷だらけですが、大きな出血はないようです。

 幸いにも近くに病院があったため、通りかかった車に乗せてもらい病院まで連れて行ってもらいました。

 この頃になると、むち打ち症が進行し、頭の重みを首で支えられない。すぐにコルセットをはめてもらいます。テレビなどでよく見かけるアレです。このコルセットは、発泡スチロール製でとても軽い。

 肘の内出血は、大きな血管が打撲により切れたために起きた出血でした。この治療は、幅の広いゴムバンドを腕に巻くことで、皮下の鬱血を体内に吸収させるもので、豆腐のように盛り上がっていた内出血は処置後数時間で体に吸収されました。残ったのは、どす黒いアザ。このアザが日が経つにつれ腕全体に広がっていきます。かなり不気味です。ジブリのアニメ『もののけ姫』に出てくるアシタカになったような気分です。

生存マニュアル

 管理人のケースでは、重篤な怪我に至らずにすみました。
 今思うと、その理由は次のようなことだったのではないかと思います。

1.シートベルトを締める
 最初の事故の時は、後部座席に座っていたので、たぶんシートベルトをしていなかったと思います。良く覚えていません。二度目の事故の時はシートベルトをしていました。もし、ベルトをしていなかったら、確実に車外に投げ出されていました。それほどの衝撃でした。シートベルトに救われたと言えます。

 ただ、シートベルトには問題があります。車がぶつかった瞬間にシートベルトはロックされるので、身体は座席に固定されるのですが、重い頭は前方に移動します。この時に首を痛めるようです。そして、肩から首にかけての筋肉が切断されてしまうようです。シートベルトの跡は長期間痛みました。

2.身体を小さくする
 最初の事故の時、瞬間的に身体を小さく丸めたために、手足と頭だけの打撲ですみました。事故の衝撃を和らげ内臓を守るために、身体を小さく丸めるのが有効かと思います。

3.無理をしない
 事故に遭うと、意識・記憶が飛んでしまいます。本人はずっと意識があるつもりでも、後で近くにいた人に話を聞くと、飛んでいる記憶があるようです。自分の覚えている記憶と話がつながらないのです。

 どちらの事故でも事故に遭うまでの部分はよく覚えているのですが、事故の瞬間とその後の記憶が飛んでいます。だから、身体のどこをどの程度ぶつけたのかの記憶がありません。でも、これは後になって分かることで、その時は、記憶がつながっていると思い込んでいます。

 このため、事故に遭ったら、無理をせずに、一刻も早く病院に行くことが大切だと思います。

4.事故は避けられたのか
 そもそも論の部分です。事故は避けることができたのでしょうか。
 管理人の結論は、不可能ということ。管理人が遭遇した事故を避けることはできなかったと思います。

 ただし、二つの事故に共通する要素がひとつあります。それは、休憩し、その後で走り出した直後に事故が起きたと言うこと。ありそうもない事故に共通しているのがこの事です。

 飛行機の場合、離陸と着陸のときに事故が集中しています。これは飛行機の浮力との関係で説明されていますが、本当にそれだけなのでしょうか。

 作業中に発生する労働災害も始業直後や休憩後に作業再開した直後に多く発生しているようです。
 
 「自分には関係ない」と考えるのは過ちで、よその人には関係しないかも知れないけれど、「自分には関係するかも」と考えることで事故・事件に遭遇するのを防ぐことができるかも知れません。


posted by ネコ師 at 00:03 | Comment(0) | 役立つ知識(生活編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月15日

わくわく! ダイソーの日本最大店舗 ギガ船橋に行ってきた!


 今話題の?・・・「100円ショップ」。100円ショップと言えば「ダイソー」でしょう。
 100円ショップに行くとワクワクするのは管理人だけではないと思います。

 こんなものまで売っているんだぁ、と何度驚いたことか。行くたびに新しい発見がある。これが品揃えが豊富なダイソーの魅力でしょう。

 ところで、ダイソーは日本国内だけでなく、世界29ヵ国で事業を展開しています。ダイソーのホームページから下の表にまとめてみました。
国    名所在地/店舗名売値売り場面積通貨記号円換算
アメリカガーデングローブ 店1.5ドル280 坪USD159.11
アメリカパビリオンズプレ イスハンティントンビーチ店1.5ドル 120坪USD159.11
オーストラリアク イーンズランド マイヤーセンター店2.8A$145 坪AUD218.42
ブラジルフアジレイタ 店6.9R$200 坪BRL210.4
台湾 高雄義大店 39元350坪 TWD127.61
シンガポールアイエムエム店 2S$550 坪SGD156.5
中国上海南翔店 10元180 坪CNY160.8
タイセントラルプラザチェン マイエアポート店 60B32坪 THB180.21
マレーシア ガーニーパラゴン店 5RM190坪 MYR129.09
マレーシア パビリオンクアラルンプール店 5RM155 坪MYR129.09
フィリピンマグノリア 店88P74 坪PHP201.52
UAEドバイモール 店-270坪--
カター ル ドーハ店-350坪 --
カンボジアイオンモールプノンペン店 -90坪--
注)為替レート (2016年6月15日現在で算出。為替レート参照「EXCHANGE-RATES.ORG」)

 海外店舗リストを見ていて気づくのは、『100円ショップ』ではないということ。当たり前ですが。
 100円で買える海外ショップはどこにもありません。国によってはかなり高めの価格設定になっているようです。しかし、日本では100円で買える。これが世界に誇る日本の100円ショップの凄さということでしょう(笑)。
 
 上の表を見ていてもう一つ気づくことがあります。それは、売り場面積の狭さ。どの国の店舗も売り場面積はとても狭い。ちっちゃ! というレベルです。

世界最大規模の100円ショップ

 海外の店舗を見てきたところで、今度は日本国内に目を向けてみましょう。

 ダイソーのホームページで売り場面積も公表しています。
 国内で最大の売り場面積を誇るのが船橋にある『ダイソー・ギガ船橋店』。 ここの売り場面積はなんと2000坪。海外の店舗が小さいといった理由はここにあります。国内最大イコール世界最大ということになります。

 2000坪と言われてもピンときませんね。我が家の近くのダイソーは、ダイエーに入っている店舗で売り場面積は350坪ほど。かなり広いと感じます。品揃えも豊富だし。それが2000坪の店舗ってどれだけ広いのだろうと思ってしまう。

 そこで、早速行ってきました。うちからは結構遠い『ダイソー・ギガ船橋店』。

売場2000坪の『ダイソー・ギガ船橋店』に行く

 『ダイソー・ギガ船橋店』は、JR船橋駅の直ぐ近く、京成船橋駅の隣にあります。

 ダイソーへ向かう道すがら、不二家の前で夏服に着替えたペコちゃんが立っていました。カワイイです。
 
FUJIYA 夏服のペコちゃん


 ギガ船橋店を正面から撮影したのが下の写真(「代走」している女性は、コラです)。
 正面に見えるダイソーのビルの全てのフロアーが売り場になっています。

ギガ船橋店前で代走


『ダイソー・ギガ船橋店』に入る

 さて、ギガ船橋店の内部はどのような構造になっているのでしょうか。
 入口を入ってすぐのエスカレーターの脇にある各階案内板で確認します。

フロアーガイド
6F造花・花瓶・ペット・工具・車・自転車・園芸
5F洗濯・掃除・収納・靴用品・行楽・プラスチック・キッチン保存用品・キッチン消耗
4F衛生用品・アパレル・バッグ・リビング・バス用品・トラベル・メガネ
3Fキッチンツール・陶器・ガラス・インテリア
2F文具・ファイル・電気・PC小物・印鑑・本・CD/DVD・手芸用品
1F食品・化粧品・ヘアー小物
B1Fシーズン・ラッピング・玩具・パーティー・キャラクター


ダイソー・ギガ船橋店内案内板


 ギガ船橋店は、地上六階、地下一階のビルです。全てのフロアがダイソーの売り場になっています。
 広いなぁ、と感じる一般的なダイソーの店の売場面積は300坪くらいだと思うので、それが一つのビルに七つ集まっているという感じでしょうか。
 
ギガ船橋店にはなんでも売っているのか

 この店舗は世界最大規模のダイソーなので、ダイソーの開発した商品なら何でもある、と思っていたのですが、これは大きな間違い。店に入ってすぐにこのことに気づきました。

 管理人が探していたのは詰め替え用の白コショウの袋。食品なので1階フロアにある筈なのですが見つからない。店員さんに聞いてみましたが、「ない」ことが分かりました。このお店は、どうも品揃えが偏っている感じがします。他のダイソーに置いてある品物がなかったり。

 気を取り直して、エレベーターで最上階の6階に向かいます。エレベータの表示は6階の上は屋上になっているので、6階建ての建物のようです。

 以降、6階から下の階に降りていき、全体を2時間かけて見て回りました。その結果、分かったことを書きます。

ギガ船橋店の特長

 実際に行ってみて分かったことは、以下のようなことです。

1.置いていない商品がある
 他のダイソーにあるのに置いていない商品が結構あるように感じました。これは船橋駅前というロケーション、地域性が大きく影響していると思います。

 例えば、田舎のダイソーでは簡単に見つかるガーデニング関係、大工用具関係の品揃えが悪い。「えっ、こんなものしかないの!」と思うくらいでした。また、食品関係の品揃えもあまり良くないという印象を受けました。

2.広大なフロアに結局何が置いてあるのか
 2000坪という広大な売場に何が置いてあるのだろうと興味津々。同じ商品がずらりと並んでいるのか、それともダイソーの商品コレクションのようにこれまでに開発した全ての商品が並んでいるのか。

 実際には、どちらでもありません。同じ商品がたくさん置かれているということはなく、また、上で書いたように品揃えは偏っているという印象を受けました。

 それでは広大な売り場はどのような商品で埋まっているのか。実は、重複した展示の仕方をしています。同じ商品が、関連する別のブースにも置かれているという感じです。

 目標を定めて買い物をする人には確かにその方が便利です。関連商品を買いに別のフロアに行かなくても済みます。しかし、管理人のように、全館をくまなく見て回るタイプの客にとっては、「この商品、あっちでも見たよな」ということになります。

 管理人は、全てのダイソー商品が置いてあるものと期待していたので、ちょっと期待外れでした。まあ、ここは「ダイソーミュージアム」ではないので、売れ筋の商品を置いておくのは当然と言えばその通りなのですが、・・・・。残念です。

DAISO001.jpg


3.ギガ船橋店で品揃えが充実しているものとは
 他の100円ショップとは比較にならないほどの品揃えのあるものとは何でしょう。
 それは、「造花」です。これには目を見張ります。圧巻です。

Daiso Funabashi店の造花コレクション


Daiso Funabashi店の造花コレクション



 また、置物と食器類も充実していると思います。

Daiso_Funabashi_003.jpg


Daiso_Funabashi_004.jpg


外国人はここで何を買うの?

 二人連れの中年外国人女性が買い物をしていました。買い物かごは商品で一杯になっています。
 ふと、外国人は100円ショップで何を買うのだろう、と疑問に思ったので、買い物かごを覗いてみました。

CART_DAISO.jpg


 買い物かごの中に入っていたのは同じような小物がたくさん。どうやら、帰国の際のお土産にするようです。買い物かごの中の馬の置物は実はメガネ置きになっています。

Souvenir_DAISO.jpg


海外旅行に持って行くと役立つグッズ

 旅行コーナーを見ていたら、海外旅行に持って行くと役立つグッズがいろいろ置いてあります。少しだけ紹介します。

1.ミニ三脚
 一人旅の時は必需品です。他の人にシャッターを押してもらおうと頼むと、そのままカメラを持って行かれる国もあるので、自撮りが基本です。また、暗い場所で撮影する時に三脚をつけて撮影すると手振れせずにきれいに撮れます。カメラの夜景撮影機能を使うよりもきれいです。

ダイソー ミニ三脚


2.錠前
 こんなオモチャのような錠前は1、2秒で開けられてしまうのですが、抑止力にはなります。長距離バスなどでの置き引き防止にも使えるので、1個あると便利です。

Daiso_Funabashi_006.jpg


3.海外プラグ
 コンセントに差し込むプラグの形状が異なるため、せっかく持って行った電気機器が使えないと言うこともあります。通常はホテルのフロントで借りれば良いのですが、そのような良いホテルにばかり泊まるとは限りません。旅行先の国のプラグのタイプを調べ、購入しておくと安心です。

Daiso_Funabashi_007.jpg


4.トランク用ベルト
 空港で買うと2000円以上します。何のために使うのか分からない人も多いのでは。決してトランクの飾りではありません。空港に到着してターンテーブルからトランクが出てくる時に、ベルトが目印となり自分のトランクを直ぐに見つけることができます。他人のトランクを持ち逃げする連中もいるので要注意です。また、トランクがとても重くなった時、トランクが壊れるのを防ぐ役割も果たします。

 そして、最も重要な役割が、トランクの中身を抜かれるのを防ぐというもの。

Daiso_Funabashi_008.jpg


 管理人は何度も被害に遭ったので、最後は、このベルトを糸で縫い付けて外れないようにしました。

5.ファスナー付きビニール袋(ジップロック)
 これがあると本当に重宝します。衣類を入れたり、小物を入れたり、必要なものをひとまとめにしたりと本当にいろいろな使い方ができます。大小持っていると必ず役立ちます。

Daiso_Funabashi_009.jpg


6.圧縮袋
 これは、寒い時期に旅行する時にとても重宝します。セーターなどかさばるものを圧縮して小さくします。

Daiso_Funabashi_010.jpg


7.小物入れ
 この網でできた小物入れも便利です。トランクの中がすっきりします。

Daiso_Funabashi_011.jpg


8.湯たんぽ
 これも寒い時期に旅行する時に重宝します。ホテルによっては毛布しか置いていない場合もあり、寒くて寝られないという経験もしました。お湯は厨房で入れてもらいます。旅行の終わりにはお土産として誰かにあげてしまいます。

Daiso_Funabashi_012.jpg


今回買ったものがこちら

 せっかく100円ショップに行ったので、いろいろ買ってきました。管理人は必要なものしか買わないことにしているので、この時買ったのは、以前から欲しかったものばかりです。

 見る人によっては「掘り出し物」に見えるものもあるかも知れません。

1.クッション巾着袋
 リュックの中にカメラや三脚、充電器、コードなどが入っていて、これらがこすれて傷が付くため、クッション付きの巾着袋を購入。

DAISO_01.jpg


2.ミニ泡立て器
 以前から欲しかった小さな泡立て器。

DAISO_02.jpg


3.ボタン型電池
 家の中のいくつかの機器が電池切れで動かないので、買いました。

DAISO_03.jpg


4.アミ戸なおシート
 アミ戸が本格的に必要な季節になったので、アミ戸補修用シートを購入。

DAISO_04.jpg


5.USB充電ケーブル
 スマホのケーブルが傷んできたので交換用として買いました。外出時に携帯用充電器で充電する際に便利なように巻き取り式にしました。

DAISO_05.jpg


6.蓄光シール
 夜光塗料が塗られたシール。あると何かと便利。

DAISO_06.jpg


7.入れ歯洗浄剤
 管理人には入れ歯はありません(笑)。鍋の焦げを落とすために使います。12錠入りなので、気軽にじゃんじゃん使えます。

DAISO_07.jpg


8.マウスパッド
 マウスパッドが汚れてきたので、大判のものにしました。

DAISO_08.jpg


9.まっ白なテーブルクロス
 写真撮影の際に背景に使いたいと思って探していたのですが、やっと見つけました。これってなかなか見つけることができません。サイズは120Xx150cmと大判なので背景用布としては十分な大きさです。・・・と思って買ったのですが、実際には布製ではなくビニール製でした。光を反射するので背景には使えませんが、別の用途に使えるかも知れません。

DAISO_09.jpg


10.長いタオル
 髪の毛が目にかかるのが嫌なので、家の中では結構ハチマキをしているのですが、そのためには長いタオルが必要なので購入。

DAISO_10.jpg


11.速乾!超吸収! ヘアドライ手袋
 洗髪後に髪の毛を乾かすのに使います。管理人はドライヤーは使わないので、これがあると早く乾かすことができそう。

DAISO_11.jpg


 管理人の買い物リストは以上です。
 上の写真の背景に使っている布は、以前、ダイソーで買った端布(ハギレ)です。

不二家のペコちゃん

 ダイソーの近くで見かけた不二家のペコちゃんがあまりにもカワイイので、こんなものを作ってみました。ちなみに、ペコちゃんは6歳らしい。スリーサイズは、バスト58cm、ウエスト55cm、ヒップ63cm。

不二家のペコちゃんGIFアニメーション


 本当の年齢は、昭和25年生まれなので満66歳。来年、緑寿(ろくじゅ)を迎えます。永遠の6歳とはうらやましい限りです。

 ダイソーが設立されたのは昭和52年(1977年)なので、今年39歳になります。


posted by ネコ師 at 15:00 | Comment(0) | 役立つ知識(生活編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月13日

この番組はすごい!:『世界が選んだ日本人マスター・オブ・ワイン 大橋健一』


 6月12日(日)16:00〜17:25、BS日テレで放送された『世界が選んだ日本人マスター・オブ・ワイン 大橋健一』という番組を見ました。

 といっても、録画したビデオを消す作業をしていて、たまたま見たのですが。

 見終わった感想は、・・・清々しい気持ちになりました。この番組はとても優れていると思います。久しぶりにテレビを見て感動しました。

 内容はネットで探して下さい。といっても、ネット上にはほとんど報道されていないようです。誰も観ていない? 芸能人の番組ならたくさんの記事がネット上にあふれるのに。

 たぶん、一般の関心が低いのは、『マスターズ・オブ・ワイン』のことをほとんどの日本人が知らないからでしょう。このタイトルを持っている人の数は宇宙飛行士の数よりも少ないというほど貴重なものであることを我々は知りません。

Masters_of_Wine.png


 この資格を取得するのがどれだけ大変なことかも、我々は知りません。世界中のソムリエ達のあこがれの的であることも知りません。

 大橋健一氏のことはWikipediaに項目がありません。
 ネット上でもほとんど知られていないことが分かります。

 『マスターズ・オブ・ワイン』について、説明できる人はほとんどいないようです。しかし、世界で340人しかいない彼らがワインの世界を動かしているのです。

 この放送は、日本のワイン業界に大変なインパクトを与えたと思います。
 世界が認める日本、いやアジアでただ一人のマスター・オブ・ワイン、大橋健一が奨めたのが「甲州ワイン」。世界に通用するワインとして紹介していました。

 そして、日本には良いワインも悪いワインもあり、悪いワインが外国に出て行くことは好ましくない。その悪いワインとは、・・・・。

 当然、番組の中では言いません。
 だから、ワイン業界は大変な騒ぎになっているのではないでしょうか。

 味を良くする努力ではなく、単なるマーケティングの技術だけでブランド化を図ってきたワイン会社は戦々恐々でしょう。

 日本中のソムリエが良いワインだと奨めても、マスターズ・オブ・ワインが「これはダメなワインだ」と言えばそれで終わり。ソムリエ達はもう一度勉強してきたら、ということになる。

 管理人がこの番組で感動したのは、マスター・オブ・ワインの制度です。
 まずい料理でも美味しいといって視聴者を平気で欺すグルメ番組に嫌気がさしていたので、このような資格があることに驚きました。

 テレビを観ていると、ソムリエがワインの味を様々な表現で言葉にします。聞いていてもよく分からないけど。しかし、大橋健一氏の話し方は、あらゆる事に対して真摯に向き合い、感じたことを言葉にできる。それも、誰もが理解できる優しい言葉に・・・。

 番組を観ていくにつれ、大橋健一が現在のマスコミの枠の外側にいる存在であることに気づきました。それは、「マスターズ・オブ・ワインの制度」が関係していると思います。

 「世界が認める本物」を我々は求めている。それは、マスコミが認める人と同義ではありません。

 日本でも「マスターズ・オブ・ワイン制度」に匹敵するようなものを創り出せたらと思いました。

 「本物」とは、その道に長けた人ということではありません。その業界を、真に消費者の利益にかなうように導いていく人のことです。

 時間ができたら、もっと詳しく書きたいと思いますが、今日はここまで。番組を観ていない人には理解できない内容になっていると思いますが、分かる人には分かるように書いたつもりです。

 記事タイトルで「この番組はすごい!」としています。これは、番組の作り込みがすごい訳ではありません。大橋健一の「言葉」を的確に伝えているからすごいと思いました。また、この番組は1時間半の長い番組です。60分番組にしたら、大橋健一氏の魅力を伝えきることはできなかったと思いました。

 管理人はワインは日本では飲まないし、それほど好きな訳でもありません。外国に住んでいて飲むアルコールがワインしかなかったので、飲んでいた程度です。

 そんな管理人が書く記事です。ワイン好きの人は、必要以上に人物を持ち上げた太鼓持ちのような記事を書いてしまうと思いますが、管理人はそんなことはしません。

 しかし、大橋氏には惹かれます。その理由は、たぶん、大橋氏がそんなことは不可能だと言われていたことを成し遂げた人物であることと、その達成が単なる通過点に過ぎず、これからの活躍が期待できる、という事なのではと思いました。

 目標を定め、死にものぐるいでがむしゃらにがんばり、その結果、目標を達成できたとしてもそれで燃え尽きてしまっては他の人への影響力は小さいように思います。それはあくまでも自己満足の世界のように思いますし、他の人にもそのように映る。だから、他者へのインパクトも小さい。

 ところが、大橋氏のケースでは、取得した資格を活かしてのこれからの活躍が期待されています。

 続きは、この記事に追記します。この記述が消えた時点が最終版です。


posted by ネコ師 at 22:56 | Comment(0) | 役立つ知識(生活編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月07日

火災保険+地震保険の見直しをしたら保険料が半分になった!


 以前から気にはなっていたのですが、何となく惰性で加入し続けていた火災保険と地震保険。
 その保険料は年間68,000円あまり。最近、地震が多いので保障内容を確認してみたら目が点になりました。なんだこの保険は!

 早速解約することに。新しく加入した保険では、年間の保険料は3万8千円あまり。約半分になりました(正確には44%減)。

 以下に記載する内容は管理人のケースなので、保険を見直すかどうかはそれぞれの家庭の事情に拠ると思います。当たり前のことですが。そういう前提でお読み下さい。

 最初に書きますが、どこかの「まとめサイト」のように、保険会社の保障内容を詳しく比較するような記事を書くつもりはありません。「まとめサイト」って、結局、よく分からない書き方になっています。いろいろなケースをひとつにまとめて一般論にしようとするからわけの分からない記事になるようです。

 本記事で書く内容は、管理人が実際に行った保険見直しの流れです。

huanhoken1.gif


地震保険は選ばないと怖いことに!

 最初に保険の見直しをしようと思ったのは、最近地震が多いことと、「火災保険+地震保険」の掛金が家計を圧迫していることに気づいたからでした。

 現在加入している保険証を見てみると、火災保険ではいろいろな保障が付いていて、まさに「万全」という感じです。ところが、セットで加入している地震保険の方を見ると、補償額が信じられないくらい低いのに、保険料は信じられないくらい高い! 

 これがその時の感想でした。なんだ、この保険は!
 管理人が加入していた保険は「COOP火災共済」です。

火災等共済(家屋3,000万円、家財2,000万円)で掛金は年間35,000円。自然災害共済(地震等600万円、風水害等1,500万円)の掛金は年間33,000円。合計68,000円です。

 火災等共済の方には様々な事故等に対する保障も付いているのですが、管理人が着目したのが自然災害の部分。地震で家屋が全壊しても600万円の保障しか受けられません。それなのに掛金は年間33,000年も支払っている。

 この金額が妥当なものなのか考えて見ました。600万円を年保険料33,000円で割ると182という数字になります。

 この数字をどう見るか。

 182年に一度の地震を保障している・・・ように見えます。ところが、別の見方もできます。"全国で"182戸以上の家庭が地震保険に加入すると、毎年地震があってもOKだと(1回の地震で被害のあった家は182軒中1軒だけという前提)。掛金だけで保障できてしまう。一つの地域だけで募集すると、その地域に地震が起きた場合、保険金を払えなくなりますが、広く全国規模で加入者を募集していれば問題ありません。単純に考えると、182戸で1戸を支えている保険だと言えそうです。

 「182」という数字が気になりますね。たぶん、本当の収益ラインは諸経費を加味する必要があるので、「350〜400」あたりではないでしょうか。

 これは、どう考えても共済組合のぼろ儲け?
 共済保険と民間の損害保険会社の保険はそもそもの成り立ちが異なるので、単純に比較はできないのですが、はっきりしているのは、地震保険は共済保険ではだめだということ。

 理由は、地震被害に対する保障の上限額があらかじめ決められているから。共済は「セットで加入する火災保険金額の20%」が上限であるのに対し、損保では「加入する火災保険金額の30〜50%までの金額」となっています。

 管理人の場合、COOP共済の火災保険金額3千万円で加入していたので、地震保険は6百万円が上限になります。ところが、損保の場合、これが1千5百万円まで保障されることになり、さらに掛金は「COOP火災共済」より安い。 

 知らなかったとはいえ、こんなに条件が違うとは思いませんでした。
 地震保険の掛け金は共済も損保も大差はありません。ところが、同じ掛金でも被害に遭ったときに受け取れる金額はまるで違う。

 これが、今回管理人が一番驚いたことでした。

 年間に支払う地震保険料が同じでも共済と損保では補償額に雲泥の差があることが分かりました。これって、どう考えてもおかしいです。

jishinhoken1.gif


保険の見直しをする

 ネットで検索してみると、さまざまな仕組みがあることが分かりました。
 数十年間もの間、無駄なお金を支払っていたことも分かりました。

 火災保険と地震保険は全く違うものなのですが、セットでしか入ることができないようです。
 そこで、火災保険の内容も確認します。COOP共済はなんでもかんでも保障するタイプで、はっきり言って不要な保障内容まで付いている。おまけで付いているわけではなく、その分、保険料が高くなっているはずです。

 そこで、必要な保障だけを選べるタイプの保険を探してみました。
 でも、よく分からない。どのサイトも不要な情報ばかりたくさん書いてあり、読む気がしなくなる。

 保険のサイトって、契約後に訴えられないように、免責条項をたらたらと書くのが一般的なので、見ていてウンザリします。

 そこで、一括見積もりを試して見ました。
 ネットで見つけた2ヶ所の一括見積もりサイトにお願いしました。

 結局、「カカクコム・インシュランス」の見積もりを使うことに。

 必要な保障だけを選び、後は削除。超シンプルな火災保険になりました。家財の保障も外しました。

 送られてきたのは「AIU損害保険」と「富士火災海上保険」の2社の見積もりでした。その見積もり結果はほとんど同じ金額。差は460円でした。

 火災保険の見直しで分かったことは、損保は、被害に遭ったときに建替えを保障するような商品を開発しているということ。現在の建物の床面積により加入できる補償金額の上限が決められます。このため、登記簿謄本(全部事項証明書)写しが必要になります。COOP共済ではここら辺は申請者まかせです。

 今回の見直により保険料が半分近くに減ったので、見直しして正解だったと思います。
 不要な保障も外したし。

 津波や水害の恐れは全くない場所に住んでいるのに、保障が付いています! と言われても使い道がない。実際は、そういう人たちの分もあなたが保険で支払うのですよ、ということなので、主契約の火災以外の部分は全て外しました。

 以前、雹が降ってきて窓ガラスが割れたとき、被害額が免責の範囲内だったため保障されませんでした。いざというときにも役立たなかった事例です。雹の被害なんでそんなにあるものではないし、今回、オプションは全て切り捨てました。

 今回の記事では、COOP共済が良くないという書き方になっていますが、これは冒頭に書いたとおり、管理人のケースではという前提です。共済は利益の最大化を追求するのではなく、利益が発生した場合には毎年組合員に還元する仕組みになっています。しかし、補償額(保証額)にこれほどの差があるのであれば、共済は地震保険事業から撤退すべきです。

 この記事を読んでから、他のサイトの記事を読むと、それがなぜ理解できない書き方なのかが分かると思います。


posted by ネコ師 at 00:09 | Comment(0) | 役立つ知識(生活編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月27日

100円ショップでスマホ用自撮り棒とリモートシャッターを購入


 外国人に人気の『スマホの自撮り棒』。買うと結構な値段がします。
 先日、100円ショップを散策していたら、『スマホの自撮り棒』を発見!

Selfie stick for smartphone


 思わず買ってしまった!
 説明書きを見たら、「別売り リモートシャッターとあわせて使ってね!」と書いてある。

 近くを探したら「リモートシャッター」も発見!!
 早速購入しました。自撮り棒が300円、リモートシャッターが100円の計400円でした。

 試して見たらちゃんとシャッターが切れました。よかった!  ネット上では動かないという情報もあったので少し心配しましたが。

 この自撮り棒を何に使うのか。管理人は自分を撮るために使うわけではありません。人とは違ったアングルから撮影するために使います。

 この自撮り棒の長さは78cm。自撮り棒を持って頭上に手を伸ばせば、地上から3m近くの位置から撮影できます。この時に必要になるのがリモートシャッター。これがないとシャッターを押せません。

 下の写真のような角度で使うと、自分の映らないきれいなパノラマ写真を撮ることができます。三脚があれば完璧。自撮り棒の取っ手の部分には三脚に設置できるねじ穴があります。

selfie0.jpg


 このリモートシャッターは、スマホで写真を撮るときのネックとなるシャッターを押す瞬間のブレを防ぐことができます。スマホで頻繁に写真を撮る人は持っていた方が良いアイテムでしょう。なお、iphone6では使えないようです。管理人のスマホはiphone5Sです。リモートシャッターは、iphone4、5用です。

 
posted by ネコ師 at 00:15 | Comment(0) | 役立つ知識(生活編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▲ このページのTOPに戻る