2016年03月28日

エリザベートの写真を高画質にしてみた


 世の中には美人がたくさんいますが、中でもエリザベートは本当に美しい人だと思います。
 彼女の写真は解像度が良くないので、きれいなバージョンを作ってみました。なんでも保管庫のロゴ入りです。溶け込んでいてよく見えませんが。

 レトロなイメージのセピアではなく、緑系の色にしてみました。

 今日貼り付けた写真はすべて拡大表示できます。

 
Empress Elisabet of Austria HQ2 Version


 どれだけ画質かというと、上の写真の顔の部分をカットしたものが下の画像です。

Empress Elisabet of Austria HQ2 Version up


 もっときれいな背景にしても良いのですが、あまりやり過ぎると作り物のような画像になるので、この程度にしておきます。

 ついでに、カラーバージョンも作ってみました。

Empress_Elisabet_of_Austria_HQ2 modified_color.jpg


 今回は手抜きで、フリーソフトの「Recolored」で着色しています。1分で作ったカラー写真です。
 「Recolored」の設定は下の画像のようにしました。適当に色を置いて、あとで調整していきます。塗りすぎないのがコツです。

Recolor_setting.jpg


 オーストリア皇后エリザベートが生まれたのは1837年12月24日のこと。彼女が8歳の時に和宮が生まれます(1846年8月1日)。唐突に和宮が出てきますが、管理人にとって、和宮を基準にして年代を考えると歴史年代のイメージがつかみやすいので。

 当時の日本の状況とオーストリアの状況が直ぐに結びつきます。

 岩倉使節団についての記事がなかなか書けませんが、ぼちぼち書いています。
 岩倉使節団は、1873年6月8日、ウイーンにおいて、オーストリア=ハンガリー皇帝フランツ・ヨーゼフ1世に謁見しています。この時、その夫人エリザベートにも謁見しています。エリザベートはこの時35歳ですが、使節団の面々は、エリザベートのあまりの美しさに驚いたのではないでしょうか。

 
posted by ネコ師 at 23:40 | Comment(0) | Empress Sissi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▲ このページのTOPに戻る