2016年06月03日

屋久島旅行を計画している人に役立つ情報らしい


 昨年夏、息子が屋久島に行ってきました。台風が接近しており、そもそも旅行自体が無理そうだったのですが、運良く当日は台風が通過し、無事に観光できたようです。

 台風が接近しているけれど本当に旅行に出かけてよいのかといろいろ迷ったようです。管理人は、「台風で飛行機が飛ばないからキャンセルしたら」と言った記憶があります。屋久島は島なので、そこにたどり着くには天候の影響を大きく受けます。

 息子から、「この時の旅行スケジュールの立て方がこれから屋久島旅行を計画している人に役立つと思うので、ブログで紹介したら?」と言われ、遅ればせながら今日の記事で掲載することにしました。以前にもこんなことがあったような・・・。以下、息子のメモからの引用です。

屋久島の恐竜
          屋久島の恐竜

今回の旅行のスケージュール <概要>


日 数旅     程
1日目・成田空港から鹿児島へ
2日目・鹿児島から高速船で種子島に立寄、観光
・屋久島への最終便(高速船)で屋久島へ、そこで一泊 
3日目・屋久杉、白谷雲水峡観光
4日目・屋久島から鹿児島へ高速船で鹿児島へ
・鹿児島から成田へ

詳細日程と旅程

 旅行は三泊四日。出発地が東京。目的地が屋久島。屋久島観光がメインの日程です。成田-鹿児島間の利用航空会社は「ジェットスター航空」。時期は8月のお盆のあたりの超繁忙期。
1日目:
>15時:成田空港からジェットスター航空を利用し鹿児島へ出発(お盆休みの一ヶ月前に東京⇔鹿児島間を往復運賃4万円程度で羽田発のスカイマークを予約しようとしたが満席、そのため成田発のジェットスターを予約)
※ジェットスターは運賃に加え、別にオプション(13000円程)を追加しなければいかなる理由があっても予約のキャンセルはできない。
 欠航の際は運賃分の金券(別日程でジェットスターを使用するときに使用可能)が現金の代わりに渡されるようである。
>17時:鹿児島空港着
>17時15分頃:鹿児島空港からバスを利用し、鹿児島中央駅へ向かった
>18時頃:鹿児島中央駅着
・宿にチェックイン
宿の名前:「リトルアジア」
宿賃:一泊1500円、食事なし
アクセス:鹿児島中央駅から徒歩3分ほど
内装:男女別室のドミトリー形式で、男性は16人ほどが同じ部屋に寝る。寝床は二段ベッド
   ロッカーあり
   シャワーあり
   近くに銭湯がある、入浴350円ほど
路面電車があり、市内を移動可能、運賃は一律170円、子供料金は別
2日目:
路面電車で高速船乗り場近くへ移動
>朝7時半:高速船で種子島へ
高速船名:トッピー・ロケット
通常のフェリーに比べ半分以下の時間で目的地に着く
※お盆休みの直前に予約を試みたため、鹿児島→種子島への直通便が満席であった
 そこで、時間はかかるが屋久島経由の便で種子島へ向かった
10時過ぎ:種子島の西之表港へ到着
12時半:種子島種子島観光協会が運営する観光バス周遊バスツアーに参加(http://tanekan.jp/
フェリーが到着した西之表港から島の最南端の門倉岬までをバスで往復した
16時半:バスツアー終了
17時半;種子島から屋久島へ
18時半:屋久島の安房へ到着
案房は屋久杉への登山口である荒川登山口へ向かうための専用バス乗り場までの最寄りの町であるため、宿泊先をここに決定
18時45分頃:観光センターで屋久杉自然館バス停留所から荒川登山口までの往復バスチケットを購入、また観光センターのスタッフが翌日のお弁当も予約してくれた
※「できたて屋」という弁当屋は弁当を4時から受け取り可能
※5時発の一便から人がいる限りバスは出るためチケットに締め切りはないため、チケットは登山前日までに島で購入すればよい
※荒川登山口までの専用バスのチケットは屋久島でのみ購入可能
※専用バス以外はタクシーで登山口まで行ける、その他の車両は通行規制がかかっているためレンタカーなどでの移動は不可能
※登山装備がない人は観光センターで装備のレンタルを手配してくれるようだ
19時:宿にチェックイン
宿の名前:「ゆかいな仲間たち」
宿賃:一泊2800円、食事なし
アクセス:案房港から徒歩15分ほど
内装:男女別室のドミトリー形式で、男性は16人程が同じ部屋に寝る。寝床は二段ベッド
   シャワーあり

種子島 rocket

三日目:
4時45分発の屋久杉自然館バス停留所行きの公共バスに乗った、6分程で屋久杉自然館バス停留所へ到着
※公共バスは宿の目の前にバス停がある
5時半頃:第4便のバスで屋久杉自然館バス停留所を出発
6時頃:荒川登山口へ到着、登山開始
※水は登山道に豊富にあるため少量で問題ない
8時50分頃:屋久杉到着
※荒川登山口から屋久杉までは4〜5時間ほどかかるのが一般的であるが今回は白谷雲水峡にも立ち寄るためにペースを早めたことで3時間弱で到着した
9時10分:朝食後、白谷雲水峡へ出発
13時頃:白谷雲水峡到着
14時頃:白谷雲水峡バス停到着
16時頃:宿へ到着
※屋久杉自然館バス停留から荒川登山口までの往復チケットを購入したが、帰りは白谷雲水峡からのバスで帰ってきたため、チケットを使用しなかった
 使用しなかったチケットは観光センターで返金可能

yakushima01.jpg

四日目:
7時:種子島経由の高速船で屋久島から鹿児島へ
9時半:鹿児島へ到着
10時頃:鹿児島空港へのバスに乗車
10時40分頃:空港へ到着
14時半:鹿児島から成田へ
        反省点
・荒川登山口までの専用バスが混雑のため第4便になってしまったことについて
屋久杉自然館バス停留へは宿から6分ほどの距離のため、タクシーなど利用して公共バスより先に向かった方が、第1便などの早い専用バスに乗れただろう。

 以上です。

 管理人は今のところ屋久島に行きたいとは思っていないので、書かれている内容に関心はないのですが、旅行を計画している人には確かに役立つかも知れません。宿泊先などを見ると若者向きの旅程でしょうね。

 参考までに、息子は時々山登りをしています。登山の部分の記述は、体力のある人向きです。


posted by ネコ師 at 00:33| Comment(0) | 世界遺産 | 更新情報をチェックする