2015年07月24日

「FotoMorph」を日本語で使う方法


 今日は、「FotoMorph」を日本語で使う方法を紹介します。
 画像のワープやモーフ処理が簡単にできるフリーソフトとして管理人がよく使っているものです。

 このソフトは、デフォルトは英語で、言語を選べるようになっています。残念ながら日本語には対応していません。・・・・・・、という訳で、言語ファイルをつくり、日本語化しました(笑)。

 下の画像のように表示できます。一部、英語で表示されていますが、この部分を日本語にすると文字化けするので、そのまま英語で表示しています。

Foto_Morph_Japanese1.png



「FotoMorph」を日本語化する方法
 「FotoMorph」を日本語化するための具体的な方法を書きます。

1.言語ファイルを入手する。
 管理人が適当に作ったファイルでよろしければお使い下さい。
 以下のリンクからダウンロードできます(DL100回制限付き)。ファイル名は「FotoMorphJP.lng」です。

   『FotoMorphの日本語化ファイル(FotoMorphJP.lng)をダウンロードする

 ダウンロードにはパスワードが必要です。
 今回のパスは、簡単です。足し算[1234 + 4321]の答えがパスです。

2.ダウンロードしたファイルをインストールする。
 インストールと書くと、たいそうなことに聞こえますが、ダウンロードしたファイル「FotoMorphJP.lng」を以下のフォルダに移動するだけです。

   C:\Users\ユーザー名\Documents\FotoMorph Data\

3.言語の設定
 FotoMorphを起動し、以下の手順で、言語を日本語に設定します。

(1) メニューの一番右にある「地球」マークのアイコンをクリック
  
Foto_Morph_Japanese2.png


(2) [Japanese]をクリックする。

 以上で、日本語表示に切り替わります。簡単です。


日本語ファイルを自分で作る方法
 管理人の訳が気に入らないとか、訳が間違っているとか、日本語化ファイルに不満がある場合は、自分で修正して下さい。簡単にできます。 その方法を紹介します。

1.[地球]マークアイコン ⇒ 最下部の緑色の文字[Edit or Create New]をクリック。
2.以下の画面が開くので、日本語を修正します。
  下の画像の赤枠の部分をクリックすると、[Button Text]、[Dialog Text]、[Miscellaneous Text]の3種類のテキストを修正することになります。つまり、ボタン、ダイアログ、およびその他のテキストはそれぞれ設定することになります。ただし、[Miscellaneous Text]を日本語にすると文字化けします。そのため、英語のままにしています。

Foto_Morph_Japanese3.png



[FotoMorph]の使い方は以前書いたので、そちらをご覧下さい。

  『FotoMorphの使い方:モーフ編


このソフトを使いたいと思っている方への注意
 [FotoMorph]はとても優れた機能を持つフリーソフトです。しかし、このソフトの入手やインストールには注意が必要です。

1. ソフトの入手先の注意

 このソフトはとても高機能で有名なため、様々なサイトで配布しています。しかし、ソフトのダウンロードは、必ず、配布元の「Digital Photo Software」社のサイトから行って下さい。ウイルス対策です。

 上のリンクを開くと、ページの中程に下のアイコンがあるので、それをクリックしてダウンロードします。
 ダウンロードするファイルは「FotoMorphV13Setup.exe」です(今日現在)。

FotoMorphダウンロードアイコンの画像


2.インストール時の注意
 ダウンロードしたファイルをダブルクリックしてインストールしますが、プログラムは最初にインストールされ、その後、別の二つのソフトのインストールを促す画面が連続して表示されます。画面をよく読んで下さい。これらは不要なので、ダイアログ左下のボタンをクリックしてインストールしないようにします。うっかりインストールした場合は、削除・・・・した方が良いかも。

 このような便利なフリーソフトは、突然、配布が中止され有料化される場合があります。インストールファイルは保存して置いた方が良いでしょう。今日現在、ダウンロードできる最新のバージョンはver.13.9.1です(上の手順でダウンロードすればこの最新バージョンをダウンロードできます。同サイトの上部にはVer.13.8. と書いてありますが、ダウンロードファイルは最新バージョンのものです。)。もし、これより新しいバージョンをネットで見かけても、そのようなサイトにはアクセスしないことが賢明です。詐欺サイトがよく使う手口です。

 
posted by ネコ師 at 06:49| Comment(0) | 便利なフリーソフト | 更新情報をチェックする