2015年04月08日

PCが重くなり、フリーズするようになった:解決策


 ここ2,3ヶ月の間に、パソコンの調子が悪くなった。頻繁にフリーズする。しばらく待てば回復する場合もあるが、フリーズしたままのこともある。フリーズするので、何が原因かを突き止めるのは非常に困難です。ネットにアクセスしていないときにもフリーズ状態になることがあるので、ネット環境以外が原因だろうと推測しています。

 もう一つ気になっていたことがある。外付けハードディスクを取り外そうとすると、「・・・・デバイスをまだ使用しているため、デバイスを停止できません。デバイスを使用していると思われるプログラムを閉じてから、再試行して下さい。」というエラーメッセージが出て、ハードディスクを取り外せない。

 なんと、この二つの不具合が同じプログラムが原因で発生していたらしいので、解決策をアップします。OSはWindows 8.1です。

 頻繁にフリーズする原因は、上で述べたように調べることができなかったので、二番目の不具合を解決することにしました。

 外付けハードディスクを取り外しできない原因ははっきりしています。それは、何らかのプログラムが外付けハードディスクを読み込みに行っているのが原因です。全てのソフトを閉じても取り外しできないときは、裏で動いているソフトが原因なので、タスクマネージャで確認して、そのソフトを閉じると取り外せるようになります。以前の事例では、SeeZを閉じたにもかかわらず複数起動したままになっていたことや、Google デスクトップが外付けのドライブを読みに行っていたためにシャットダウンできなかったことがありました。

 ところが、今回は違います。これらを全てチェックし、動いているプログラムがないことを確認しても、「・・・・デバイスをまだ使用しているため、デバイスを停止できません。デバイスを使用していると思われるプログラムを閉じてから、再試行して下さい。」というメッセージが出て、ハードディスクを取り外せない。


不具合対策としてやってみたこと
 1.新たにインストールしたソフトの削除
 このタイプの不具合は、新しく入れたソフトが原因となっていることが多々あることは過去の経験から分かっているので、過去3ヶ月以内にインストールしたソフトを削除。

2.ごみ箱を空にする。
 以前、ごみ箱が一杯になったことが原因でPCのパフォーマンスが著しく悪化したことがあったので、ごみ箱を空にした。

3.PCの空き容量を増やす。
 空き容量が少ないとPCのパフォーマンスに影響を与えるので、使わないファイルは外付けハードディスクに移し、空き容量を増やした。

 これらの操作を行っても状況は改善されない。


シャットダウンを妨げているプログラムの特定
 先ず、どのプログラムが外付けドライブにアクセスしているのかを確認します。これには、Windowsの「リソースモニター」を使います。

1.「リソースモニター」の起動
 「リソースモニター」を起動するには、「タスクマネージャー」から起動する方法が簡単でしょう。
 @ 画面下の「タスクバー」上で右クリックし、「タスクマネージャー」を開く。
 A [パフォーマンス]タブの最下部にある[リソースモニターを開く]をクリック。
   [リソースモニター]が起動する。

2.[リソースモニター]の[概要]タブの[ディスク]で、一応はアクセスしているドライブが分かるが、あくまでも、"一応"ということ。これで分かるのでそれに越したことはないが、これで分かるのであれば苦労はしない。今回は、Fドライブに外付けハードディスクが接続されているが、この[ディスク]にFドライブにアクセスしているプログラムがなくても、取り外せない。

 実際には、[ディスク]タブの[ディスク活動のプロセス]を見て、動いているプログラムが何なのかを確認する。


原因プログラムの特定と対処
 原因は、「Windows Search」の実行プログラムである「SearchIndexer.exe」というプログラムでした。これはWindowsのプログラムで、PC内のファイルを素早く検索ができるようにファイルにインデックスを付ける機能を持っています。このため、ひっきりなしにPC内を探索し、巨大なカタログファイルを作り続けています。

 対処方法として、この「SearchIndexer.exe」を停止状態にします。検索結果が早く表示されるのは魅力ですが、そのためにいろいろな不具合が発生するのなら、こんなサービスは不要です。

 以下の要領でこのソフトを停止状態にします。削除すると別の問題が発生するので、「停止」に設定します。

1.[タスクマネージャー]⇒[サービス]タブ。 最下部にある[サービス管理ツールを開く]をクリック。(別の方法として、[スタート]⇒[コントロールパネル]⇒[管理ツール]⇒[サービス]と進んでもよい。)

ManagementTool01.png


2.開いた画面で[Windows Search]を選択し、右クリック ⇒ [プロパティ]をクリック。

ManagementTool03.png

  [全般]タブの[サービスの状態]を[停止]、さらに、[スタートアップの種類]で[無効]を選択して[適用]をクリック。これで、SearchIndexer.exe (Windows Search)のサービスが停止する。

ManagementTool02.png


3.インデックスファイルを削除する。
 知らぬ間に、「Windows Search」が1GBを超えるインデックスファイルを作っていました。いくらなんでも大きすぎです。これは即、削除して、HDDの空き容量を増やします。
 下のパスにある「windows.edb」というファイルを削除します。

C:\ProgramData\Microsoft\Search\Data\Applications\Windows\windows.edb

ManagementTool04.gif


 
 これで、USBメモリや外付けハードディスクの取り外し時のトラブルがなくなったし、PCが頻繁にフリーズすることもなくなった。

 参考:Windows7: PCが重い!SearchIndexer.exe(Windows Search)を停止するには


posted by ネコ師 at 00:32 | Comment(0) | PC不具合対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月17日

「FastStone Capture」の日本語化がうまくいかない:意外な原因と解決策


 『シンプルでありながらも高性能なスクリーンキャプチャー!「FastStone Capture」』という記事を「k本的に無料ソフト・フリーソフト」さんで見つけたので、早速、試して見ることに。

 現在の最新版は有料化されているようなので、上記サイトで紹介されていた無料バージョンの「FastStone Capture 5.3」をインストールしました。インストールは特に問題なく、普通の手順でできます。

 さて、日本語化するため、「それさえもおそらくは平穏な日々」さんのサイトから日本語化パッチを入手します。

 そして、インストール。ところが、エラーが出て、インストールできない。バージョンは合っているのにエラーが出る。なぜだろう?

【解決策】

 日本語化パッチは、FastStone Captureの実行ファイル[FSCapture.exe]のタイムスタンプでバージョンの判定をしているようです。ところが、[FSCapture.exe]のタイムスタンプは今日の日付に変更されている。このため、「2007-04-16 2:50:48」用の日本語化パッチであるプログラム(FSC53_jp_0416.exe)がバージョンが違うと判断したようです。

 そこで、いつも使っているファイラー『SeeZ』で、[FSCapture.exe]のタイムスタンプを「2007-04-16 2:50:48」に変更し、その後、日本語化パッチプログラム(FSC53_jp_0416.exe)を起動したら、無事日本語化に成功しました。Windows8.1で正常に動いています。

 それにしても、インストールした実行ファイルのタイムスタンプが変更されるという現象は初めてです。もしかしたら、以前からなのかも知れませんが、まったく気づかなかった。フォルダの中に入っているすべてのファイルのタイムスタンプが更新されていれば直ぐに気づくのですが、今回は実行ファイルだけでした。

 よくよく見てみると、ダウンロードしたファイルを解凍した時点で、タイムスタンプが更新されていました。とりあえず、解凍に使っている『Lhapuls』の解凍モードを「テンポラリーモードで解凍する」とすることにしました。

 さらに、ダウンロードしたzipファイルのタイムスタンプも書き換えられてしまうので、元のタイムスタンプを保持するFirefoxのアドオン「Preserve Download Modification Timestamp」をインストールしました。

 困った現象なので、少し調べてみると、・・・。
 エクスプローラーやSeezから解凍するとタイムスタンプの一部が現在時刻に置き換えられるようです。

 日本語化やインストール、認証がうまくいかないときは、このタイムスタンプを疑ってみる必要があるかも。

 「FastStone Capture」というソフト自体については、他のサイトでも紹介されているので、本サイトでは紹介しませんが、軽くて使いやすいソフトだと思います。
 有料版には「スクリーン・キャプチャ」が付いています。YouTubeでよく見かけるデスクトップ操作動画で、カーソルの部分が黄色くハイライトされている・・・あれです。


posted by ネコ師 at 10:01 | Comment(0) | PC不具合対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月28日

ADOBE、appcrash、PDFに関連したアクセスが急増している:何かが起きている?


 このサイトでは、ADOBE関係の記事も結構あるのですが、昨日から"appcrash PDF"などをキーワードとしたアクセスが急増しています。こんなことは珍しいので、まずはご報告。

 たぶん、発生しているトラブルは、PDFの強制終了ではないかと・・・。

 いったい何が起きているのでしょうか?
 ADOBEのソフトを狙ったウイルスか?

 でも、管理人の経験から、ADOBEの更新プログラムのエラーが原因ではないかと思いますが。
 もし、不具合が生じた場合は、まず、これを疑って下さい。以前、ひどい目に遭ったので。

 ACROBAT READERの不具合でしたら、一旦削除し、再インストールすることをお奨めします。
 それ以外のADOBE製品ならやっかいです。管理人は被害を受けていないので原因も対処策も分かりません。被害があったら、対処策を書きたいと思います。


posted by ネコ師 at 00:15 | Comment(0) | PC不具合対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月22日

PC不具合についての質問の仕方


 今日、たまたまYahoo知恵袋を開いてみたら、PCの不具合が発生したため、その対処法を質問している記事に出くわしました。

 ちょっと驚いたのは、自分が大変な状況に置かれているので、不具合を直す方法を教えて欲しい、ということしか書かれていないこと。管理人は、このような質問・回答サイトには一度も書き込みをしたことがないのですが、このような質問の仕方では、親切な回答者の方でもどうしようもなく、パスしてしまうでしょう。

 まあ、この記事に書いても仕方がない気もしますが、質問するのであれば、回答者が何を答えればよいのか、しっかり書くべきでしょう。世の中には親切な方がたくさんいるのですが、最低限の情報が示さなければ、答える気も起きない。無数にある可能性の中から、質問者が書いた僅かばかりの情報を基に、原因を推定し、その解決策と考えられる方法を書き込む、という親切な方? は、普通はいないと思います(そのような質問にも答えている方がいるようです。当然、回答の内容に乏しいかピント外れの回答で、削除要求したくなるのは管理人だけではないと思いますが。別の意図のある方のようにも思えます)。

 最低限の情報とは、トラブルのタイプにより異なります。
 それが質問者のエチケットだ、という書き込みもよく見かけますが、そんな書き込みをする人に限って、どんな情報が必要かは書いていない。書いてあってもピント外れ。

 このブログでは、書いた記事の内容以外の質問には答えるつもりはありませんが、もし、管理人が答えるとした場合、以下の情報があると助かります。

1.OSが原因と考えられる場合は、パソコンの機種や使用しているOSの種類は必須。最近インストールしたソフトを削除上で質問をしてもらえると原因を絞り込めます。

2.ウイルスが原因と考えられる場合は、ウイルス対策ソフトの種類、ウイルススキャン結果、不具合発生の原因として考えられること、不具合発生後に行った操作、など。

3.ソフトウエア不具合の場合は、さらに詳細情報が必要で、そのソフトのバージョン、OS・バージョン、他のソフトとの競合確認、パッチソフトのインストール状況など。

 これらが分かると、原因をかなり絞り込むことができます。

 質問の中で「OSはWindowsです」という記述があると、かなり初心者の方だと分かりますが、やはり、質問をして、回答を求めるのなら、もっと詳しい情報を書くべきでしょう。
 
 
posted by ネコ師 at 00:38 | Comment(0) | PC不具合対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月03日

デスクトップに基本アイコンしか表示されなくなった:解決策


 久しぶりに肝を潰すパソコンのトラブルが発生しました。
 今朝、ノートパソコンを起動したら、表示されたデスクトップは見たこともないもの。「あっ、まずい」と思いました。以前にもデスクトップが表示されなくなり、クリーンインストールことがあったからです。

 ただ、今回の場合は、他にエラーが出ているわけではなく、エクスプローラで確認しても、本来のデスクトップの中身は正常に保存されています。単に表示上の問題か、と思ったのですが、そう簡単ではない!

 では、解決編です。

【症状】

・ パソコンを起動すると、5個くらいの基本的なアイコンがデスクトップに表示されるだけ。いつもは30個くらいデスクトップに置いているのに表示されない。
・ 再起動しても変化なし。
・ システムの復元をしてみたが「失敗しました」というメッセージ。
 これは何となくヤバイかも。

【仕様】

・パソコン:ノートパソコン、東芝dynabook EX/33
・OS: Vista Home Edition

【解決策】

1.「Desktop」フォルダの場所の確認
 どうも、別のデスクトップが開いているような感じ。そこで、デスクトップ上にフォルダを作ってみた。エクスプローラで、それがどこに入っているか調べてみる。「Desktop」というフォルダに入っているのですが、不思議なことに「Desktop」という名前のフォルダが2つあります。名前は同じなのですが、リンクしている所が違います。

 最初の「Desktop」フォルダのリンク先
  C:\Users\ユーザーの名前\AppData\Desktop

 その下に表示されている「Desktop」フォルダのリンク先
C:\Users\ユーザーの名前\Desktop

 下のフォルダがこれまで表示されていたもので、上のフォルダが現在表示されているもの。

2.解決策
 解決策は簡単でした。現在表示されている上のフォルダを下のフォルダと統合します。
 
 やり方は、まず、エクスプローラ上で、「上のフォルダ」をクリックし、「ユーザーの名前」にドロップします。

 「統合しますか」と聞いてくるので、すべて「はい」をクリック。
 これで正常に表示されるようになりました。

desktop_integ.gif


【原因】

 最近マウスの調子が悪く、間違って「Desktop」フォルダを移動してしまったようです。

 いつも使うフォルダの中に「デスクトップ」というフォルダがあり、その中身が現在表示されているフォルダでした。このため、このフォルダを本来の「Desktop」と統合しました。

 一時は以前の悪夢が頭の隅をよぎりました。
 無事正常に戻りホットしています。

 このようなトラブルはネット上では報告されていませんし、解決策もありません。

 たまたま発生したマウスのトラブルによるフォルダの移動が引き起こした不思議なトラブルでした。
posted by ネコ師 at 11:37 | Comment(0) | PC不具合対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▲ このページのTOPに戻る