2010年10月06日

CPU使用率100%状態が長く続くようになった:解決策


  パソコンの動きがどうも重い。起動が遅くなったほかに、ネット接続中だけでなく、普段操作していても一時的に固まってしまう場合があります。OSはVISTAです。

 タスクマネージャで確認すると、CPU使用率が100%になっている時間が長い。これじゃ固まってしまうはずです。ところが、何が原因なのか特定できない。タスクマネージャで確認しても、CPUを高率で使っているプロセスは見あたらない。もちろん、「すべてのユーザーのプロセスを表示」してみても結果は同じです。

 そもそも、CPU使用率の合計を計算すると40%程度なのに、実際には100%使われています。裏で動いているプロセスに問題があるらしい。

 一般にこのような症状が出た時にCPU占有率を高めるのが『svchost.exe』というプログラム。通常、12個くらい起動しています(PCの設定の仕方で起動数は変化する)。このプログラムを偽装したウイルスが昔ありましたが、今のウイルス対策ソフトは対応済みなので、もうお目にかかることはない、と思います。

 今回の不具合は、

TrustedInstaller.exe

というWindowsのプログラムと推定(このプログラムを特定するまでには、涙ぐましい努力があったのですが、省略します)。どうもこれが原因らしい。このプログラムの存在は、タスクマネージャの「サービス」で確認できるのですが、Windowsのファイアウォールを無効に設定すると表示されなくなります。

 Windowsの説明には、「Windows の更新プログラムおよびオプション コンポーネントのインストール、変更、および削除を可能にします。このサービスを無効にしていると、このコンピュータに対する Windows Update のインストールまたはアンインストールが失敗する場合があります。」とあるので、停止しない方が良さそうですが、・・・。

【解決策】
 このプログラムが動いている時(通常は停止状態)に、『スタートアップチェッカー』というフリーソフトで、「プロセス」の画面からこのソフトを選択し、「優先度」を「通常以下」に設定します。(このソフトは、スタートアップに登録されている様々なソフトを確認して、削除や停止ができるのでとても重宝しています。)

 これでも解決しない時は、上記の不具合が発生することを承知の上で、このプログラムを一時的に停止するのも一つの手です。

 また、[スタート]⇒[管理ツール]⇒[サービス] で、手動スタートに設定してもよいかも知れません(外国サイトの対策にありました)。

 上述の「通常以下」の設定で、私の場合には快適に動くようになりました。

 今まであんなに固まっていた画面が、嘘のようです。CPU占有率も100%になることはほとんどなくなりました。

 しかし、CPUを長時間占有し何をしているのか怪しいプログラムです。

 何をしているのかは、こちらのサイトでいろいろ調べられています。

 Windowsのアップデート関係で、いつもトラブルが発生します。さんざんウイルス被害の危険性を警告し自動アップデートを「奨励」しておきながら、利用は自己責任でというM社の商売のやり方は困ったものです。M社史上最悪のソフトWindows VISTAには本当に手を焼きます。こんなソフトの不具合対策を書いていると悲しくなります。

posted by ネコ師 at 13:39 | Comment(2) | PC不具合対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月07日

Seezでごみ箱の表示が名前しか表示されなくなった:解決策

 しばらく前から気になっていたことの一つが、いつも使う統合型ファイラー 『Seez』でごみ箱を開くと、表示バーが名前だけになったこと。

 ごみ箱を空にしようと思った時、名前だけしか表示されないとちょっと不安。そこで、エクスプローラを起動して削除した日付を確認する羽目に。これではとても不便だ。そこで今日はこの不具合を解消することにした。

 エクスプローラは、VISTAになってから迷惑機能が盛りだくさんで、とても使えない。普段はSeezを使っているので特に問題ないのだが、今回発生したSeezでのこの表示の不具合には困ってしまった。

 ネットで検索してもこんな不具合についてはどこにも書かれていない。

【問題の状況】

・Seezで、ごみ箱を表示する場合だけ、「名前」しか表示されない。他のフォルダは正常に表示されている。

・セーフモードでのごみ箱の削除、エクスプローラのVISTAでの表示関係のレジストリの変更、設定ファイルの削除、Seezの再インストールなどなど色々やったが全てだめ。Seezには表示項目の詳細設定がないので、ごみ箱だけ表示方法を変更することもできない。


【解決策】

 いろいろ操作していて半ばあきらめかけた時、ふと気づいたのは、Cドライブの『$Recycle.Bin』(ごみ箱のシステム上の本当の名前)では正常に表示されること。それなら、これをドラッグすれば良いのではと考えた。手順は次の通り。

1.ごみ箱を削除する。
2.直ぐに再生するので、再生する前に、$Recycle.Binの中のごみ箱をデスクトップにドラッグ&ドロップする。通常モードでOK。


 
 でも、たまに元のような非表示に戻る時がある。修復作業は簡単なので問題ないがどうもエクスプローラの設定に依存しているのが原因ではないかと、思う。

【追記】 しかし、この方法は、ごみ箱のショートカットを作成しているだけのようで、再生されたごみ箱は別に存在する。う〜ん、ごみ箱がウイルスに感染しているか、エクスプローラの不具合か?  まあ、このままで支障ないので、そのうち考えることにします。

 しかし、こんな単純なことを解決するのに丸一日かかった。このような症状が発生する原因は不明だが、VISTAの迷惑機能が原因ではないかと思う。

 今回、対策をネットで探し回っていて、エクスプローラに原因があるのではないかと思った。そして改めてエクスプローラの使い難さに驚いた。どうしてこんなにひどいソフトにしてしまったんだろう? 前はそれなりに使いやすかったのに。

 ベテランのソフト開発者がすっぽり抜けた後、新米の開発者が設計思想を理解せずに、他のプログラムからつぎはぎして作ったプログラムという感じがする。それは表示の詳細設定を見ればよく分かる。このようなメニューの表示のさせ方はユーザビリティを無視している(この設定をやったことのある方には分かると思います)。OFFICEのクイックアクセスのカスタマイズとは用法が全く違うレベルなのに、同じ方法を採用している。しかもこの設定が保持されない。最悪。

 VISTAをインストールしたこのパソコンが、はやく耐用年数を迎えることを祈るばかりです。去年買ったばかりだけど。

 余談だが、念のためSeezの古いバージョン1.60を起動してみた(あまり深く考えないように)。表示はやはり同じ。ごみ箱だけが適正に表示されない。これでSeezが原因ではないことが分かった。しかし、昔のSeezは早い! デスクトップを表示させる時の時間が全然違う。


posted by ネコ師 at 01:33 | Comment(0) | PC不具合対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月03日

転ばぬ先の杖(その2):Windowsが起動しない時にデータを抜き出すCDの準備

 Windowsが起動しない、ということはよく起こることです。その原因はいろいろありますが、重要なのは、中のデータをまず救出すること。ハードディスクのハード的な不具合の場合、早急に救出する必要があります。再起動を何度もやっているうちに、ハードディスク自体がまったく動かなくなる場合もあります。
 
 こんな時に便利なのが、Windowsに依存しないで、別のソフトからハードディスクにアクセスし、データを読み取る方法です。この専用CDを作るのは少し時間がかかるので、あらかじめ作っておくと、Windowsが起動しないというトラブルが発生しても安心です。まさに「転ばぬ先の杖」です。

【KNOPPIXを使う】

 KNOPPIXというソフトをCDに焼き、CDから起動する方法です。起動後は、Windowsエクスプローラと同じような操作で、データのコピーが可能になります。

1.ソフトのダウンロード
 KNOPPIXは、産業総合研究所から日本語版をダウンロードします。(昨年までこの隣に住んでいました。懐かしいです)

 ダウンロードにかなり時間がかかるので、専用のダウンローダを使うことをお勧めします。ダウンロードサイトのソフトのうち、下の赤枠のソフトを選びます。knoppix_v6.0.1CD.isoというファイルで「ISO」という拡張子がついています。これをデスクトップにダウンロードします。

knoppix6.jpg


2.CDに書き込む
 ダウンロードしたソフトをCDに書き込みます。このISOの拡張子の付いたファイルのCDへの焼き込み方は通常とは違うので注意して下さい。

@ CD(DVD)ドライブに CD(またはDVD)を入れます。
A デスクトップにダウンロードしたファイルを右クリック ⇒ 「送る」⇒  ここで「TOSHIBA Disc Creator (Image) (東芝パソコンの場合の表示です)」を選択し、「Imageファイル」として焼き込みます。
B「開始」ボタンを押して、焼き込みを開始します。
 説明は東芝パソコンですが、他のメーカーのパソコンにも同様の書き込み機能があると思います(昔はなかったので苦労しました)。
 
knoppix2.jpg


【KNOPPIXの使い方】

1.パソコンの電源を入れ、F2ボタンを押し、BIOSを立ち上げ、CDドライブを第1起動ドライブに設定します。

knoppix3.jpg


BIOSを終了して再起動するとCDドライブからKNOPPIXが起動します。

knoppix4.jpg


2.外付けハードディスクをセットします。

3.画面下のツールバーの左から2番目のアイコン(PCMan File Manager)をクリック。エクスプローラに似たファイルマネージャが起動します。

4.後はエクスプローラと同じような操作なので詳しい説明はしません。コピーするフォルダを選び、外付けハードディスクにコピーします。

 CDから起動しているので、気長に操作してください。

knoppix5.jpg


5.KNOPPIXを終了します。

 ツールバー左端のボタンをクリック。[Shutdown]をクリックするとCDが排出されます。ENTERキーを押すと完全に終了します。

knoppix7.jpg


【こんな時に使います】


 Windowsが起動しない場合、まず上の方法でデータを救出します。
 次に、Windowsが起動するように回復します。

 Windowsが起動しない原因はたくさんあるので、それぞれ適切な方法で対応しましょう。
 Windowsが起動しないというエラーの中でも最強、最悪のエラーが『STOP: c0000218 unknown Hard Error』というブルースクリーンが表示されるエラーです。回復不能の死のエラーと言われていますが、私は無事回復しました。

 このエラーからの回復方法は過去記事『死のエラーからの回復方法 STOP: c0000218 unknown Hard Error』に書いていますので、ご覧下さい。このKNOPPIXのCDを持っていれば簡単に回復できます。もちろん、ハードディスクが物理的に壊れていては無理ですが。

 なお、ハードディスクはそう簡単に壊れるものではありません。ネットで調べるとハードディスクの故障を真っ先に疑うものや、修理を勧めるものがありますが、最初から修理に出すくらいなら、わざわざネットで調べてこのサイトまで来る人はいないと思います。

 自分で何とか回復できないか、と思っている人、そして、このサイトの訪問者の方のパソコントラブル解消にお役に立てればうれしいです。
posted by ネコ師 at 10:30 | Comment(2) | PC不具合対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月01日

WORD2007が強制終了するようになった:とりあえずの解決策

 今使っているノートパソコンは3台。OSは、Windows xp、Vista、7の3種類。Microsoft Officeも同様に、2003、2007、2010の3種類。これが入れ替わり立ち替わりいろいろな不具合を起こすので滅入っています。

 今回のトラブルは、VISTAで使っているWORD 2007が強制終了するというもの。罫線操作をすると、何度やっても強制終了してしまうという不具合です。もしかしたら、他の操作でも同じ不具合が発生するのかも知れませんが未確認です。

 先日書きましたように、Windows 7で使っているWORD 2010でも同じことが起きたので、同じ原因かと思ったのですが、エラーメッセージの内容が違う。つまり、原因が違うようです。

【エラーメッセージ】

問題の署名:
問題イベント名: APPCRASH
アプリケーション名: WINWORD.EXE
アプリケーションのバージョン: 12.0.6514.5000
アプリケーションのタイムスタンプ: 4a89d533
障害モジュールの名前: StackHash_ffb2
障害モジュールのバージョン: 6.0.6001.18000
障害モジュールのタイムスタンプ: 4791a7a6
例外コード: c0000374
例外オフセット: 000b015d
OS バージョン: 6.0.6001.2.1.0.768.3
ロケール ID: 1041
追加情報 1: ffb2

追加情報 2: 101bb93424f0fa808b31a9e3553eff01
追加情報 3: 8e24
追加情報 4: 35a9f9744073c4c16706fdaccb2397c2


【原因】
 
 ネットで調べてみると、アドインが悪さしているような感じです。確かに新しく入れたソフトのアドインがOFFICEに組み込まれています。でも、これを削除するとちょっと不便になるので、なんとかこのままでできないかと考えました。

【とりあえずの対処方法】

 とりあえず、以前書きましたWindows 7で使っているWORD 2010の不具合対策をしてみました。レジストリからWORDの「Data」を一端削除し、再構築する方法です。

 WORDを起動して3回くらいは同じ症状が出て強制終了し、症状は改善されなかったのですが、そのうち、強制終了しなくなりました。

 原因は不明ですが、とりあえず不便はないのでこのままにすることにしました。
 この不具合は、別なソフトからOFFICEに組み込まれるアドインにあるのではないかと思います。また不具合が起こるようだと、このソフト(またはアドイン)を削除することになるので気が重いです。なんとかこのまま不具合が治まると良いのですが。今のところ正常に動いています。

posted by ネコ師 at 14:42 | Comment(0) | PC不具合対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月04日

Word2010が強制終了する(Ntdll.dllエラー ):解決策

**** 追記 ****
 この記事へのアクセスが急増しています。同じ不具合でお困りの方が多いのだと考え、丁寧に説明します。
 このNtdll.dllエラーは、Officeというソフト史上最悪のものではないでしょうか。
Ntdll.dllの最新バージョンを探す方がいますが、それでは解決しません。
**** 追記終わり ****

 先日買ったパソコンのOffice 2010のうち、Word 2010でエラーが発生。またかよ、という感じ。

【症状】
 Word 2010を起動して、操作をしているうちに、突然、強制終了してしまうエラーが頻発。これでは作業中のデータが失われてしまうので、とても怖くて使えない。強制終了するのは、どのキーを押した場合とか特定の操作ケースではなく、いつの間にか強制終了、という印象。OSはWindows 7。

【不具合の原因を絞り込む方法】
 @ まず、原因がどこにあるのかを確認する。
 「イベントビューアー」でどこでエラーが発生しているかを確認する。

[イベントビューアーで確認する]
 スタート>コントロールパネル>管理ツール>イベントログの表示

ivent_view.jpg


[エラーログ]
ログの名前: Application
ソース: Application Error
日付: 2010/08/04 18:12:39
イベント ID: 1000
タスクのカテゴリ: (100)
レベル: エラー
キーワード: クラシック
ユーザー: N/A
コンピューター: xxxxxx
説明:
障害が発生しているアプリケーション名: WINWORD.EXE、バージョン: 14.0.4762.1000、タイム スタンプ: 0x4bae25b7
障害が発生しているモジュール名: ntdll.dll、バージョン: 6.1.7600.16385、タイム スタンプ: 0x4a5bdb3b
例外コード: 0xc0000374
障害オフセット: 0x000cdcbb
障害が発生しているプロセス ID: 0xc14
障害が発生しているアプリケーションの開始時刻: 0x01cb33b16bab8d7a
障害が発生しているアプリケーション パス: C:\Program Files (x86)\Microsoft Office\Office14\WINWORD.EXE
障害が発生しているモジュール パス: C:\Windows\SysWOW64\ntdll.dll
レポート ID: 6d520d1f-9fa8-11df-808b-0025d3b3d532

 エラーログから、『ntdll.dll』で障害が発生していることが分かる。

【 原因の特定 】
 まずは、「マイクロソフト・サポート」でトラブルの原因と対処方法を調べる。
 マイクロソフト・サポートによれば、どうも『Word 2010、Word 2007、Word 2003、または Word 2002 の起動時または使用時に発生する問題のトラブルシューティング方法』関連のエラーらしい。「おいおい、Word2003から2010までのバージョンアップで、この不具合を放置していたという自白か!」

 これが原因らしいので、サポートページの記述に従い修復することにした。
(しかし、このマイクロソフトサポートページの説明記述。いつ見ても不親切で分かりにくいと感じるのは管理人だけだろうか。)

【修復方法】
「Word の起動時や使用時に発生する問題のトラブルシューティングを手動で行う手順」に従い「Word の Data レジストリ キーを削除する」という方法で修復する。

(1) すべての Office プログラムを終了する。これが大切!

(2) [スタート]>[ファイル名を指定して実行] (Windows 7では、[プログラムとファイルの検索])をクリックし、窓に「regedit」と入力し、[OK] をクリックし、レジストリ・エディタを起動する。

(3) レジストリ サブキーを見つける。
Word 2002 の場合
HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft \Office\10.0\Word\Data
Word 2003 の場合
HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\ Office\11.0\Word\Data
Word 2007 の場合
HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\ Office\12.0\Word\Data
Word 2010 の場合
HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\14.0\Word\Data

(4) まずは削除するレジストリのバックアップ。 まず、[Data] をクリック。その後で、メニューバーの[ファイル]⇒ [エクスポート] をクリック。

(5) ファイルに Wddata.reg という名前を付け、デスクトップに保存する(実は、付ける名前は何でも良いので適当に自分がわかる名前を付ける)。

(6) (4)で開いた[Data]上で、画面上部の [編集] メニューの [削除] をポイントし、[はい] をクリックして削除する。
(この[Data]キーは、削除しても後で自動で作成されるので問題はない。)

reg_Word_data.jpg


(7) レジストリ エディターを終了し、Word を起動する。

 これでWord が正常に動作するようになった。

 しばらく使ってみて正常に作動するのを確認できたら、さきほどエクスポートした[Wddata.reg]は不要なので削除しても良い(紛らわしいファイルは削除した方が良い)。

 症状が改善されなければ、別の原因なので、その場合には、一応、変更前の状態に戻しておく。それには、[Wddata.reg]をダブルクリックすればよい。

(レジストリをいじるので、操作は慎重に。自己責任でお願いします。)


 類似のエラーとして、Word上でカーソルが動かなくなるという不具合もあります。その場合の解決策は、以下の過去記事をご覧ください。


 この記事が気に入ったので、このブログを応援する、という心温かい方は、ブックマークして、ぜひ、またおいで下さい。

posted by ネコ師 at 20:29 | Comment(0) | PC不具合対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▲ このページのTOPに戻る