2010年07月06日

PCトラブルの回避:転ばぬ先の杖

 主にウイルス関係で、PCがトラブルに見舞われることを事前に回避する方法およびトラブルに見舞われたとき、被害を最小限にする方法を書きます。基本的に、過去記事に記載している内容をまとめたものとご理解下さい。不明な箇所は、過去記事をご覧下さい。それでも不明な場合は、コメント下さい。PCがおかしくなったら、むやみやたらといじくるのではなく、じっくりと、原因を考えることが最も大切なことです。本人もどうやったか覚えていないものを相談されても困ると思います。

1.転ばぬ先の杖
 ウイルスを完全に防ぐウイルス対策ソフトは、この世の中に存在しません。このことを良く理解することが重要です。ウイルス検出率99%などとうたっているソフトがありますが、残りの1%は検出できないということです。この1%が実は問題なのですが。

過去のウイルスを検出できても意味がありません。過去の山のような亜種を含めたウイルスを母数として、検出率を算出しても意味がないということです。

 そこで、管理人のいる南米で評価されている対策をご紹介します。ただし、これで完全に防げるとはゆめゆめ考えないで下さい。ウイルスを完全に防げる対策ソフトは存在しません。

 管理人が入れているウイルス対策ソフトは、Avira Antivirus、アバスト・アンチウイルス、そしてウイルスセキュリティZEROの3つです。私のPC環境では、この3つのソフトは競合せず、正常に起動しているようです。以前は、有名な2社の対策ソフトを入れていたのですが、トラブルが多く、重く、どちらがウイルスなのか分からないほどでした。このため、フリーソフトを主体にしています。対策ソフトの評価は、当然のこととして変化していますが、ウイルスの蔓延している管理人のいるボリビアで評価されているのは、やはり、ドイツ製のAviraです。ところが、最近、アバストが盛り返してきたようです。

 対策ソフトによって、複数導入すると、競合のトラブルが発生しますが、上記の3つのソフトでは、(私のPC環境においては)問題ないようです。

 ウイルスセキュリティZEROは、ほとんど出る幕がありません。その前に、他の2つの対策ソフトが駆除してしまいます。出番があるとすると、「誤検出」した時でしょうか。

 この3つの対策ソフトで、大抵のウイルスの侵入を防止できるのですが、それをかいぐぐって侵入してくるウイルスがたくさんいます。対策ソフトで防げるのであれば、このブログのウイルス対策のカテゴリーは不要です。しかし、現実は違います。本サイトの記事は遊びでやっているのではなく、私の貴重な勤務時間をいかにこのタイプのトラブルから確保するか、という真剣勝負です。この駆除経験をご紹介しています。

 対ウイルスの基本は、水際で防ぐことです。そのために、ウイルス対策を評判の良いものに入れ替える努力が必要です。毎月お金を支払っている有名2社の対策ソフトが如何に役立たないか、ということが、このカテゴリーの出発点でした。

 下の画像は、Aviraが検出したウイルスです。まるでウイルス資源の保管庫のような環境が、私の置かれている現状です(汗)。
virus_detect2.jpg


2.転ばぬ先の杖(その2)
 ウイルスに感染した場合、最悪の事態は、データを全て失うことです。これだけは絶対に避けなければなりません。データー回復の修理に出すと、膨大な経費を請求されます。でも、そんなことは自分でできます。外付けハードディスクケースを購入しておけば、このタイプのトラブルの大半を解決できます。過去記事をご覧下さい。

3.転ばぬ先の杖(その3)
 管理人は、わずか半年の間に2度もPCをクリーンインストールすることになりました。しかし、その原因は、ウイルスではなく、様々なソフトのアップデートのトラブルが原因と考えています。アップデートの設定を自動にしておくと、トラブルの原因特定が遅くなります。アップデートの設定は、全てのソフトでキャンセルしておき、必要と判断したときに行うべきです。これで、アップデートが原因かどうかを特定できるようになります。特に、裏で何をやっているのか得体の知れないADOBEは全て起動しないようにします。

4.転ばぬ先の杖(その4)
 Windowsの復元は、全く当てになりません。必要なときに復元しようとしても、「復元に失敗しました」とのこと。また、レジストリの復元も同様です。この二つの機能に過大な信頼を置くのは非常に危険です。
 いつPCが起動しなくなるかも、ということを常に考えて、バックアップを取っておく必要があります。ところが、このバックアップも問題があります。バックアップをとったつもりでも実はバックアップされていないことが良くあります。いちいち、バックアップが成功したかどうかを確認している人は少数ではないでしょうか。このため、私の経験上、バックアップは3つ取ることを推奨します。3つめの外付けハードディスクにだけバックアップがあってほっとした経験があります。

5.転ばぬ先の杖(その5)
 バックアップを取る必要があるファイルは、作業を軽減し、確実にするため、特定のフォルダに集中して置く必要があります。また、そのようにフォルダ構成をよく考えておくということが大切です。

6.復活に必要なソフトを準備しておく
 PCにトラブルが発生した場合、ネットに接続できず情報も入手できない、という事態に遭遇します。このため、トラブルの原因追及やデータ復活のための最低限のソフトをあらかじめインストールしておく必要があります。

(1)ブルースクリーン時のエラー情報の収集
・「BlueScreenView

  日本語パッチは、プログラムのダウンロード画面の下部にあるので、一緒にダウンロード。解凍したフォルダの中の「BlueScreenView_lng.ini」をプログラム本体の「BlueScreenView」というフォルダに入れる。これで、日本語表示ができる。
 使い方は、GIGAZINEが良いかも。ドライバー関係のエラーの特定には有効なようです。

(2)Windowsが起動しなくなったとき、外部から起動させる「Windows PE 2.0」
 CD/DVDやUSBメモリから起動でき、リカバリーの強力な助っ人となる。「回復コンソール」を使うくらいなら、「Windows PE」を使うべし。
  http://technet.microsoft.com/ja-jp/windows/aa905120.aspx
  http://9600.dip.jp/pc/customize/Windows%20PE/Windows%20PE.html

(3)イベントログを見る

 [コントロールパネル]−[(クラシック表示で)管理ツール]−[イベントビューア]


(4)スタートアップチェッカー
 スタートアップ、プロセス、サービスで起動している、あるいは無効になっているプログラム、イベントものを確認。

7.そして、最後に
 最後に重要なことは、ウイルス対策がまとめられているサイトをブックマークしておくことです。つまり、このサイトもその一つです(笑)。なにしろ、このサイトは、私自身がよく使います。

(更新;2010.7.7)

 この記事は、まだまだ書きかけです。もっと充実させたいと思います。
 
posted by ネコ師 at 15:36 | Comment(0) | PC不具合対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タスク マネージャが正常に表示されなくなった:解決策

 タスクマネージャがおかしくなった。こんな画面、初めて見た。メニューバーやタブバーが表示されない。再起動しても同じ。これは困った。

task_manager.jpg


 フリーソフトをいくつかインストールしていた時にこの現象が発生したので、また、ウイルスかと思ったら、そうではなく、正常なものだった。

 タクスマネージャのウインドウの端をクリックすると、元通りになる。何でこんな機能があるのか知らないが、余計な機能だ。おかげでびっくりした。

 ついでに、IEとFIFEFOXのタスクバーが表示されなくなった。これらが同時期に発生したことから、ウイルスに感染したか、インストールしたソフトと相性が悪いせいかと疑ったが、どうもそうではないらしい。この問題の解決方法は、ネットで探したら簡単に見つかった。適当にいじっていたら正常に表示されるようになった。でも、ネットで見つけた解決策(エクスプローラのフォルダ設定関係)は本当は違うような気もするけど、正常に表示するようになったので、めでたしめでたし。

 


 
posted by ネコ師 at 09:52 | Comment(0) | PC不具合対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月20日

パソコンが突然シャットダウンする

 昨日からパソコンが突然シャットダウンするトラブルが発生。

 こんなことは一度もなかったこと。まるで電池が切れたときのように、突然、電源が落ちてしまう。コンセントから電源をとっているのに、2日間で3回も同じ症状が発生した。

 電源関係の不具合だとやっかいなことになる。今、外国にいるので、修理ができない!

 ウイルスではなさそうなので、電源設定を調べてみたが、特におかしい所はない。そうすると、最近インストールしたソフトが怪しい。

 最近インストールしたのは、「Microsoft Image Composite Editor」だけ。とりあえず、これをアンインストールすると、トラブルは再発しなくなった。原因は、このソフトのようだ。

 このソフトは、マイクロ・ソフト社製のパノラマを作成するフリーソフト。以前もインストールしていたけれど、パソコンをクリーンインストールする羽目になったので、再度、入れ直したらこんなトラブルが発生した。

 以前入れていたときには問題なかったのに。不思議。

 ウイルス対策ソフトとの相性が悪いのかも。よく分からない。

 まあ、あまり使うソフトではないので、必要なときにインストールして使うことにします。

【追記】
 シャットダウンがまた発生。
 原因が分かりました。

 使っているノートパソコンは東芝のdynabook EX。この機種には、CPUを冷却するファンの空気取り入れ口が本体下部についていて、本体左側から熱気を排出する構造になっています。

 パソコンを膝の上に置いて作業をしていたので、膝(腿)が空気取り入れ口を塞ぎ、温度が上昇したために、緊急シャットダウンしたようです。かなり熱くなっていました。

 空気孔を塞がないように作業をすることにします。
posted by ネコ師 at 15:32 | Comment(0) | PC不具合対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月27日

デバイスドライバが表示されなくなった:解決方法

 予備で使っているパソコン(Windows xp)でデバイスドライバが表示されなくなった。白い画面が表示されるだけ。それだけではない。困るのは、LAN Cardを認識しなくなったことと、ディバイスの取り外しボタンも表示されなくなったこと。外付けのハードディスクは認識するが、LAN関係のカードもLAN USB接続モデムも認識しない。これではネットに接続できないので、解決策を探すことにしました。

 やっと解決したので、方法をご紹介します。

【PCの仕様】
・OS Windows xp Home Edition (SP2)

【原因】

 今回の原因は、以前、USB接続したとき、レジストリに不正文字が書き込まれたために発生したトラブルのようです。その根本的な原因は不明です。

 この不正文字のあるフォルダをレジストリから削除すれば、デバイスドライバが正常に表示されるようになり、接続関係の他の問題も一度に解決します。

(注:このような問題が発生する原因は複数報告されていますので、以下の方法が該当しない場合には、別の方法をお探しください。G検索のキーワードは「デバイスマネージャ 表示できない」)

【解決方法

 具体的には、以下の手順で削除します。

1.レジストリエディタを起動します。
   スタート>ファイル名を指定して実行> regedit と入力しOK

2.レジストリの対象フォルダを探す。
  HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Enum\USB\

 このUSBフォルダ以下のフォルダを見ます。レジストリのフォルダ名には『英数字』しか使えないので、『 & 』や『%』とかがあれば不正文字のようです。

 フォルダ名が『英数字』のみで書かれている場合は、この方法は適用できないので、別な方法をお探しください。

 今回の場合は、『 & 』が書かれたフォルダが20個くらいありました。

3.フォルダを削除するために、アクセス許可を取得します。
 USBフォルダをクリックし、右クリックメニューの「アクセス許可」をクリック。開いたウインドウの「フルコントロール」の許可にチェックを入れてOK。これで、USB以下の階層のアクセス許可を一度に取得できます。

4.あとは、不正文字のあるフォルダを選択し、右クリック>削除 で削除していきます。

 これで、無事、デバイスドライバが表示されるようになりました。
 やっとネットにもつながるようになってうれしいです。

注:レジストリをいじるので、操作の前に、復元ポイントの作成と、レジストリのバックアップはしておいた方が良いでしょう。
posted by ネコ師 at 14:15 | Comment(0) | PC不具合対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月17日

またストップエラー Stop:0x0000007B いい加減にしてほしい!

 またまたパソコントラブル。ブルー画面、スタートアップの修復を繰り返すだけで、起動できない。もういい加減にしてほしい。
 こんどもウイルスではなく、ウイルス対策ソフトの不具合によるもの。

 この半年間のPCエラーは、皆、対策ソフトの不具合やMS社のいい加減な更新プログラムによるもの。

 今回のエラーは、
 Stop:0x0000007B

 システムの復元をしてもだめ。というか復元が完了しない。システムファイルのバックアップを強制的に戻してもだめ。

 ネットが使えないので、対策も探せない。結局、クリーンインストールする羽目に。本当にむかつく。

 セーフモードでも起動できなければ、クリーンインストールしかない。データを移動し、再インストールに大変な時間をかけた。

 てっきり、ウイルスかと思ったら、ソースネクスト社ウイルス対策ソフトの不具合が原因だった。利用者にはそんなことはわからない。

 やっとネットにつながる環境になったと思ったら、この不具合の原因と対策が書かれている。もう遅いよ。

 http://www.sourcenext.com/vs/support/deal_100413/?i=vs

 ソフトの利用者は常に弱い立場ということか。
 まったく腹が立つ。

 それにしても、東芝のパソコンにしてからこんなに不具合が起こるのに驚いている。特定のパソコンの特定の条件にのみ発生するという珍しいトラブルを皆背負い込んでいるようなパソコンだ。今度買うときは、東芝はやめようとおもう。やはりNECにすればよかった。

 今回勉強になったのは、この解決策。BIOSの設定にこんなのがあったとか、と一つ勉強になった。

 念のため方法を書いておきます。上のリンクがいつ削除されるか分からないので。

1.BIOS設定の変更を行ない「SATAコントローラーモード(SATA Controller mode)」を
「AHCI」から「Compatibility mode(またはIDE)」に変更し、再起動します。

2.再起動できたら、ウイルス対策ソフトの更新を行います。パソコンを終了します。

3.BIOS設定の変更を行ない「SATAコントローラーモード(SATA Controller mode)」を
「Compatibility mode(またはIDE)」から「AHCI」に戻し、再起動します。
posted by ネコ師 at 05:53 | Comment(0) | PC不具合対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▲ このページのTOPに戻る