2017年03月25日

GIFアニメ:ピアノに座った天使


 『ピアノに座った天使』のGIFアニメーションをつくりました。
 「えっ、どこにあるの?」

 下のボタンをクリックすると表示されます。
 ボタンは単なるお遊びで設置してみました。こうすることで、ページの読み込み時間が短くなるかも。




 実は、上のGIFアニメは作成途中のもので、最終版は、KalafinaのWakana版です。下のリンクでご覧下さい(GIFアニメではありませんが)。

 『Kalafinaの”into the world”ポスターをつくってみた


posted by ネコ師 at 01:00 | Comment(0) | 役立つ知識(PC編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月12日

Excelで不定時法の旧暦時計をつくってみる


 一月ほど前にアップした記事ですが、全面的に書き直し、再アップします。

 最近、『旧暦』に興味が湧いていろいろ調べているのですが、奥が深く、現在の所、輪郭が分かった程度です。

 暦を専門に勉強されている方のホームページを読むと、『旧暦』の仕組みがあまりにも複雑で閉口してしまいます。

 情報量が多すぎて、結局の所、さっぱり分からない。
 管理人の関心は、江戸時代の人たちが普段使っていた『時間の感覚』がどんなものだったのかを手軽に体験してみたいというものです。

 江戸時代の人たちは、『不定時法』で生活していました。日の在るうちが昼で、日が暮れれば夜とし、昼夜をそれぞれ6等分(合計で12分割)していました。まさに、自然にマッチした時間設定の手法と言えます。

 季節により、昼と夜の割合は変化します。生活する上では、自然に従っているので問題はないのですが、現在のように、時計の文字盤が固定されている、いわゆる定時法を使っている我々からすると、江戸時代の文献に残された時間の記述を理解するのに苦労することになります。『暮れ六つの鐘が鳴った』と書いてあっても、それが現在の時計で何時なのかは分かりません。しかし、記録に日付けがあると解明する手がかりになります。

 昔の資料を読んでいて管理人が感じることは、漠然とした感覚でよいから、当時の人たちがそのイベントの日を、どのような時間感覚で過ごしていたのか、を知りたいということ。「朝起きて」⇒「それは現在では何時?」、「お昼を食べて」⇒「それは現在では何時?」、・・・・。できれば、視覚的に!

既存の不定時法の旧暦時計はネット上にないのか

 旧暦を研究している方がたくさんいて、いくつかのソフト(ウィジェットを含む)も公開されています。

 しかし、どれも管理人の欲しい機能は無い! 専門的すぎて、何のことかさっぱり分からない。それなのに欲しい機能が付いていない。

 管理人が欲しいのは、不定時法におけるその日の夜と昼の長さを視覚的に示すこと。そして、その日における二十四辰の配置。

 ところが、旧暦は太陰太陽暦を採用していて、計算がとても複雑です。太陽の動きだけで作られている現在の暦とは違います。だから面白い!

Excelでつくってみる

 この程度なら、Excelで簡単にできそう。早速つくってみました。
 定期的にExcelに触れていないと関数やVBAを忘れてしまうので今回が良い機会でした。

 完成品がこちら。延べ20日間かかりました。
 ざっとチェックしました。一応、エラーは出ないので、これで完成版とします。
 暦の基本的な部分(の理解)に誤りがあるかも知れませんが、普段使う分には、たぶん問題ありません。

 このExcel和時計は以下の機能があります。結構優れものです(笑)。

  • パソコンの時刻情報を取得して、Excel上でリアルタイムで表示しています。
  • 動かないとつまらないので、時計の秒針が自動で回転します。秒針(赤)と長針(赤)は普通の時計と同じように動きますが、短針(白)は二十四辰で動きます。(白い針が短針、赤い矢印の針が長針(といいながら短いですが)です。)
  • 画面右側に、直近の二十四節気と日にち、不定時法に従い、現在の時刻を十二辰刻、二十四辰で表示しています。
  • 文字盤は、二十四節気毎に昼と夜の長さが変化します。不定時法に従い、各刻の長さを変化させています。
  • 本日の日の出、日の入り時刻を計算で算出して表示しています。
  • 昼と夜の"一時(いっとき)"の長さを表示しています。
  • 現在時刻をデジタル表示しています。
  • 時計は「スタート/ストップ」ボタンで停止・再スタートさせることができます。


Old-clock_Sample.jpg


 各季節の表示は夜と昼の長さが変化するために文字盤も以下のように変化します。

Old-clock20170621.jpg


Old-clock20170923.jpg


Old-clock20171222.jpg


 マクロで現在時刻を読み込み、時計はExcelのグラフ機能で動かしています。

ダウンロード

 このエクセルブックはダウンロードできます。zipで圧縮しています。解凍してお使い下さい。

 ファイル名:旧暦和時計(Ver_1).zip Ver.2を公開しました。記事の最下部からダウンロードして下さい。
 ダウンロードURL: 無効(ver.2公開につき無効)
 ダウンロードパスワード:

 何に使うかよく分からない代物ですが、江戸時代の時間感覚を視覚的に捉えることができると思います。また、時代小説を読んでいるとき、その場面の時間感覚を掴むのにも使えます。

便利な使い方

  1. [Start/Stop]ボタンを押すと、時計がスタートします。もう一度押すと時計が停止します。
  2. 時計を止めた状態でセルM1に任意の時刻を入力すると、短針を動かすことができます。
  3. 他の日付での動きを見たいときは、パソコンの「日付と時刻の調整」を変更してください。過去から未来まで任意の日付けで表示できます。ただし、日の出・日の入り時刻は過去には対応していません。
  4. 日の出・日の入り時刻は緯度・経度により異なります。これを設定することができます。(現在非表示になっている)「日の出・日の入り」シートを開き、セルA3とセルB3にそれぞれ任意の緯度、経度を入力して下さい。誤差は1分程度だと思います。同様にセルB4に調べたい日を入力すると、任意の日の日の出・日没を表示できます。ただし、2017年1月1日以降。調べ終わったら、元の値[=TODAY()]と入力するか、保存しないでファイルを閉じて下さい。


改訂版(Ver.3.2)

 何か足りないと思ったら、旧暦を表示していなかった(汗)。
 旧暦表示、皇紀、六曜、年・日の十干十二支、さらに、月の満ち欠けの状態も追加しました(計算で満ち欠けを表示するこの設定にはちょっと感動すると思います。この設定をしているシートを開くと変化する月の状態とその日付けを高速で見ることができます)。

 ネット上に公開されている旧暦には二つの種類が有り、両者には1日違いがあるので、調整用のチェックボックスを追加しました。デフォルトは調整後の設定になっており、ネット上の多くのサイトの旧暦と同じ日付けになっています。チェックを外すと1日前の日付けになります。

OLD_CALENDER3_3_1.gif


 ファイル名: 旧暦和時計(Ver_3_3_1)20170320.zip (2017年3月20日版)
 ダウンロードURL: 旧暦和時計のダウンロード
 ダウンロードパスワード: CESAR331

 すみません。エラーが見つかったので、ファイルを差し替えました。ダウンロードされた方は再度お願いします。(2017/3/14 16:46)

 七十二候表示を追加しました。表示は、「本朝七十二候」、「略本暦」、「中国暦」から選択できます。(2017/3/20) 

動きをYouTubeで見る

 文字で説明されてもどんなものかいまいち分からないと思うので、デモ版の動画をYouTubeにアップしました。配布版には暦を進めて月の動きを見るボタンはありませんが、[Final]シートの[Start]ボタンで同じことができます。(動画に写っているのは、Ver.3.2です。)




posted by ネコ師 at 19:30 | Comment(0) | 役立つ知識(PC編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月17日

スマホアプリ"FaceApp"を使って肖像写真を若返らせる


 ポートレート写真を使って、20年後、30年後の写真をつくることのできるWEBサービスはいくつかあるのですが、写真よりも若返らせるサービスとほとんど見かけません。

 iPhone用のアプリ『FaceApp』でこれができるようなので試して見ました。

 今回のモデルは、オーストリア皇妃エリザベートです。明治の初め、岩倉使節団がオーストリアを訪れた際に、エリザベートにも謁見しています。

 このポートレートは、30歳後半くらいでしょうか。
 おばさんになっても美人のエリザベートを『FaceApp』を使って若返らせてみます。

 同じ操作を繰り返し、どんどん若返らせていきます。

 
FACE APP Elizabeth, SISSI animated gif


 だんだんノイズが出てきて、これ以上は若返ることはできませんでした。
 最後の画像は何歳に見えます? たぶん十代中ごろには見えると思います。このアプリを使うと20歳くらい年を遡ることができるようです。

 このアプリで若返らせると、妙に初々しい少女に仕上がります。肌の透明感は優れものだと思いました。Photoshopでやろうとしても、この初々しさはなかなか作れない。

 もう一人、別のエリザベスでも試して見ます。今度のエリザベスは、「エリザベス・ビズランド(Elizabeth Bisland)」。『19世紀末の二人のアメリカ人女性による究極の「世界一周」への挑戦』で紹介した新聞記者です。とても美しく、ラフカディオ・ハーンも彼女に対して恋心を抱いていたようなのですが、若い頃の写真はとても写りが悪く美人に見えません。そこで、エリザベス・ビズランドの晩年の写真から若返らせてみます。

Elizabeth-young-old.gif


 やはり、美人ですね。

 彼女の若い頃の高画質ポートレートがないので、ついでに作ってみました。

 
Elizabeth-Bisland-younger.gif


 エリザベスは、日本人好みの美人なのではないでしょうか。個人的な感想ですが。

きれいに若返らせるなら

 『FaceApp』は、手軽に若返った写真をつくることができるのでとても便利だと思います。
 しかし、画質や細部の調整ができないなどの難点があります。また、正方形にトリミングされてしまうということも欠点かも。

 もし、本格的に、若返ったきれいな画像を作ろうと思うのであれば、『Pink Mirror』というサイトのオンラインサービスを使うと便利です。

pink-mirror-HP.jpg


 このサイトのジェネレーターは、細かな設定ができます。
 エリザベートの場合は、下のように若返らせることができます。画像としてはきれいですが、初々しさはいまいちという気もします。

Elizabeth-000.jpg


 エリザベートに関心のある方は、右サイドバーの「カテゴリー」の「Empress Sissi」で詳細を見ることができます。エリザベートは、ハプスブルク家、最後の皇妃です。彼女のあまりの美しさに魅了され、16本の記事を書いています。


posted by ネコ師 at 04:56 | Comment(0) | 役立つ知識(PC編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月04日

パソコンのBD-DVDドライブが認識されなくなった:解決策


 パソコンのCDドライブを使う機会はめっきり減りました。そうはいってもこれがないと困ることもしばしば。

 新しいハードウエアを買ったとき、それを認識させるためのドライバーはCDで配布されるのが普通でしょう。こんな時、CDドライブが使えないと困ります。CDドライブと書いていますが、最近はブルーレイディスクも読めるドライブが普通なので、「BR-REドライブ」と書いた方が良いでしょう。

 さて、この「BR-REドライブ」が突然使えなくなった。原因は、Windows10へのアップグレードのようです。
 このドライブは普段使わないので、いつ使えなくなったのか(認識しなくなったのか)が分からない。このため、無駄な時間を使うことになります。

 この問題の解決策を探したら、とても良いサイトが見つかりました。
 余計なことは書いておらず、修復のための必要な手順だけが書かれています。

 本サイトで同じことを書くつもりはないので、リンクを貼ります。管理人のPC環境においては、この方法で、無事に「BR-REドライブ」を認識できるようになりました。感謝です!

 この問題の解決策を紹介しているのは以下のサイトです。

Nurgle, BD&DVDが使えない!?Windows10が光学ドライブを認識しない時の対処法

 この方法は、レジストリを修正します。初めての方は、この操作はとても危険です。このため、この部分だけ上記サイトを補足します。

regedit001.png


 操作は、レジストリにある「UpperFilters」と「LowerFilters」というレジストリエントリを削除して、「EnumDevice1 」という名前のDWORD形のデータを作成するもの。

 書くとこれだけなのですが、この操作を間違えると大変なことになります。これは文章ではなく、図で確認しながら作業をした方が安全です。このため、上で紹介したサイトがお奨めです。

 パソコンの操作は、リターンキーを押した時点でその結果が反映されます。リターンキーを押さなければ変更は反映されません。しかし、レジストリの変更は全く違います。レジストリの変更は、値を追加したり削除した時点でそれが反映されてしまいます。それ故、間違った操作をすれば、それで終わり。パソコンがただの箱になってしまう場合もあります。

 このため、レジストリを変更する場合は、必ずバックアップを取ります。もし、問題が発生しても、"このバックアップをクリックすると"、元の状態に戻すことが可能です(バックアップの方法は過去記事参照)。しかし、Windowsのシステムに関わる部分を間違って変更してしまうとそれで終わってしまいます。Windowsを起動できないので、バックアップさえ使えなくなります。

 注意しなければならないのは、"打ち間違い"。必ずコピーペして打ち間違いを避けましょう。
 レジストリの変更は、とても怖いもの。落ち着いて慎重に!

「トラブルシューティング ツール」を使ったらあわや再インストールの危機に!

 最初、「トラブルシューティング ツール」を使って、指示通りに進んでいったら、Windowsが起動できなくなってしまった。OSのクリーンインストールという悪夢が頭をよぎります。これは復元ポイントを使って元に戻すことに成功したのですが、かなり焦りました。やはり、ネットでしっかり調べてからやるべきでした。その結果が冒頭の解決策です。

この問題はいつからあるのだろうか

 このドライブを認識しなくなるというトラブルは、"Windows xp" の時代からある問題のようです。 2006年3月発売の本に同様に解決策が書かれています。ドライブがCDとDVDなので修復方法に若干の違いはありますが。

Disappearing CD and DVD Drives
David A. Karp, "Fixing Windows Xp Annoyances: How to Fix the Most Annoying Things About the Windows OS", 2006/3

 古いOSを使用している場合は、Microsoftのサポートページ『CD ドライブまたは DVD ドライブが Windows やその他のプログラムにより認識されない』が参考になりそうです。しかし、いつものように、分かり難い文章です。このページはxpの時代からあったもので、ページの更新を重ねているようです。「最終更新日: 2017/01/09」となっています。 xpのサポートは終了しているので、xpについての記述は削除されています。


posted by ネコ師 at 01:02 | Comment(0) | 役立つ知識(PC編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月03日

パソコンで地デシを見る:地デジTVチューナーを買いました!


 前から欲しかったパソコン用地デジTVチューナーを買いました。

 早速、ソフトをインストールしようと付属のCDをパソコンにセットしたら、「BD-REドライブ」が認識しない。

 そうだ、しばらく前から、「BD-REドライブ」が認識しなくなっていた。
 ますは、これから直します(直し方は後日書きます)。

 結論から書くと、「BD-REドライブ」は直ったのですが、商品付属のCDがなぜか読めない。そこで、メーカーのホームページからソフトとドライバーをダウンロードして、インストールしました。
 
 購入したパソコン用地デジTVチューナーは以下のものです。

メーカー:KEIAN
品  名:パソコン用地デジTVチューナー(地デジ放送受信用B-CASカード付き)
対応OS:Windows 7/8/10
価  格:7,020円(税込み)
購入店舗:あきばお〜2号店

 ソフトをインストールして、起動。チャンネルをスキャンして、無事に映るようになりました。特にトラブルもなくできました。この手のグッズはいつもインストールの部分で問題が発生するのですが、今回は問題なくできホットしました。(実際には、ドライブを認識しなかったので、いろいろいじっていたら、パソコンが起動しなくなり、あわや再インストールという場面もありましたが・・・。)

Terrestrial-digital-tuner2.jpg


 映った画面はとてもきれい。地デジとワンセグで受信できるタイプ。

Terrestrial-digital-tuner.jpg
  NHK天気予報のスクリーンショット

 音声は、主、副の切り替えが可能。字幕表示可能。予約録画もできます。
 ところで、予想はしていたのですが、我が家は電波条件があまり良くないので、通信がブチブチと切れます。

 もともと、余り期待はしていなかったので、こんなものかという感じです。もちろん全画面表示もでき、とてもきれいな画面です。

DTB-Tuner


 録画機能も付いていて、録画した動画は拡張子が[dts]のファイルとして保存されます。デフォルトの保存先は、プログラムフォルダになっているので、「レンチのアイコン」をクリックして、保存先をデスクトップに換えておいた方が良いでしょう。

 この地デジを録画したdts動画は通常のプレーヤーでは再生できません。[File]アイコンをクリックして、保存した動画を呼び出して再生します。

DTB-Tuner02.png


 パソコンで仕事しながら、ちょっとだけ気になる番組を観たい(聴きたい)というときに使う予定です。使っていないテレビはあるのですが、部屋にテレビは置きたくないし、CMだらけで番組の中でまで別の番組の宣伝をしているようなテレビを見るほど暇じゃない。人生は短いので。テレビって誰が見ているんだろう? ペットかも。

 秋葉原で見つけたワンセグチューナーは400円くらいでした。でも、対応OSはWindows7までしか使えない。お店の人に聞いたら、Windows10では使えないのだそうです。そこで、結局、地デジ放送受信用B-CASカードの付いた今回のものを買うことになりました。

 テレビも見ることができる思ってパソコンを買ったのに、テレビが見られないの? と思った方も多いのではないでしょうか。パソコンメーカーの説明書を見てもさっぱり分からない。

 テレビを見るのにテレビの中身、内部構造を説明しようとする人にはウンザリしますが、この問題はまさにそんな感じ。権利の説明はウンザリです。

Windows 7だとドライバーをインストールできない:解決策

 我が家のもう一台のパソコンにもソフトをセットして、テレビ専用のパソコンにしようとしたら、ドライバーをインストールできない。このパソコンはWindows7の64bit。Windows10では問題なくインストールできたのにWindows7ではできない。

 どうやらWindows7のデジタル著名機能が影響しているようです。
 とうわけで、この機能をOFFにしたら、無事にドライバーを認識しました。

 方法はいくつかあるようですが、最も簡単な方法を紹介します。なお、テストモードではダメでした。

 パソコンを再起動。起動時に[F8]を連打して [詳細ブート オプション]画面を表示。「ドライバー著名の強制を無効にする」を選択して[Enter]キーを押すと、署名のないデバイス・ドライバであっても強制的にロードできます。これでドライバーが認識されるので、テレビを見ることができるようになりました。

Windows7 詳細ブート画面



posted by ネコ師 at 22:08 | Comment(0) | 役立つ知識(PC編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▲ このページのTOPに戻る